WordPress『インデックスカバレッジの問題』対処法と原因:noindex問題

WordPress『インデックスカバレッジの問題』対処法と原因:noindex問題


まいど!元気?

Googleから妙な通知が来たんよね。WordPressで運営してる趣味サイトに対して
「サイト https://garageband.fun/ で「インデックス カバレッジ」の問題が新たに検出されました」
という注意メールが。WordPressのプラグインXMLsitemapが原因らしいから、対処法をメモ。

新たに検出された問題:
送信された URL に noindex タグが追加されています
というエラーをワードプレスで修正・解決する方法を解説!!

 

Googleから「送信された URL に noindex タグが追加されています」という注意メールが届いた

Search Console により、貴サイトに影響する「インデックス カバレッジ」関連の問題が新たに 1 件検出されました。 「インデックス カバレッジ」は Google 検索結果で悪影響を受ける可能性がございます。 この問題をご確認のうえ、修正することをご検討ください。
新たに検出された問題:
送信された URL に noindex タグが追加されています

こんなメールが届き、サーチコンソールの画面を見ると…

sitemapにnoindex???ん?どういうこと???
って、よく見ると…

WordPressのプラグインXMLsitemapで【sitemap.html】というページが自動生成されてた

WordPressのサイトマップは通常
sitemap.xml
というXMLファイルなんやけど、なぜかHTMLファイルが生成されてた。そしてそのHTMLファイルにnoindexが入っててインデックスカバレッジの問題発生という状況。
調べると、WordPressのプラグインXMLsitemapでデフォルトでsitemap.htmlが生成されてる模様。

▼ちなみに、このサイト

WordPressのプラグインXMLsitemapでsitemap.htmlの自動生成をやめる方法

自動生成をやめる方法は超カンタン。

  1. 設定>XML-sitemapに移動
  2. 【基本的な設定】の【HTML形式でのサイトマップを含める】のチェックを外す

この2プテップでOK。
修正が完了したらサーチコンソールよりsitemapを再送!!
上手く行けば数日中に「インデックス カバレッジに関する問題が修正されました」というメールがGoogleから届きまっせ。

sitemap.xmlを読み込んでいるからhtmlファイルは不要

sitemap.htmlを消しても大丈夫なのか?ってことなんやけど、サーチコンソールでsitemap.xmlを読み込ませてる場合は不要。
ってことで、以上で『送信されたURLにnoindexタグが追加されています』というエラーの原因と対処法の解説、終わり!

コピペOK!WordPress投稿でタイトル文字数をカウントするカスタマイズ

ブログ運営カテゴリの最新記事