WordPressで日本語URLがリダイレクトされない時のカンタンな解決方法

WordPressで日本語URLがリダイレクトされない時のカンタンな解決方法


まいど!元気?
元気ないならフォローしときや→@hanaa_and_chan
ワードプレスでURL(パーマリンク)に日本語が含まれてる時、プラグインの「Redirection」だと正常にリダイレクト(転送)出来ない!!っていうトラブルが発生。
エンコードがどうのとか大文字小文字がどうとか、そういう邪魔くさいことせずに超カンタンに解決できる方法を見つけたから紹介するで。

WordPressプラグイン「Redirection」で日本語リダイレクトができないときは「Simple 301 Redirects」というプラグインでカンタンに解決!

 

ワードプレスプラグイン「Simple 301 Redirects」なら日本語URLもカンタンにサクッと301リダイレクト出来た

結論から言うと、Simple 301 Redirectsというプラグインを使うとあっさり解決。
▼プラグインのWP公式ページ

RedirectionだとWordPressの日本語URLの転送がややこしい…

わし、これまでは「Redirection」っていうプラグインを使って301リダイレクトをしてたんよね。
それで今回もいつもどおり、(リニューアル作業にともない)301転送をしようと思ったんやけど、パーマリンクが日本語。(例→https ://hogehoge.com/archive/日本語タイトル)
なんとなく嫌な予感がしつつ

  • 日本語URLでの転送
  • 日本語部分をエンコードしての転送

をそれぞれ試した。(エンコードっていうのは、全角の日本語を半角に置き換えたもの)
けどうまく動かない。調べると

WordPressのパーマリンクが日本語URLになっている場合、WordPressプラグインRedirectionで設定してもリダイレクトされない場合があります。
日本語の部分を下記ツールでエンコードしました。すると、エンコード後の文字列が小文字だったのですね。
%8fZ%82%de%82%c8%82%e7%82%b1%82%b1%81I%20%90k%93x%82T%88%c8%8f%e3%82%cc%92n%90k%82%cc%8f%ad%82%c8%82%a2%93s%93%b9
そのURLをRedirectionで設定したのが間違いだったのです。
このプラグインは大文字と小文字は別で区別しますので、日本語が大文字でエンコードされたURLからアクセスされてもリダイレクトされません。
出典:https://www.inc-reliance.jp/web/50815

という情報が。
他の情報を当たってもエンコード時の大文字小文字に関するカスタマイズが必要だったり、正規表現に置き換えたり…。
とにかくわしは「Redirectionだと日本語URLがリダイレクト出来ない!」という状況やったんよね。プラグイン側のphp周りをいじるの嫌やし面倒やん。ってことで別なリダイレクトプラグインを使ってみたってわけよ。

日本語URLもリダイレクト出来るWordPressプラグイン「Simple 301 Redirects」の使い方

あまりにカンタン過ぎるけど、一応使い方を解説。

1.まずはプラグインをインストール!

  • WP管理画面>プラグイン>新規追加>「Simple 301 Redirects」を検索
  • プラグインをインストール>有効化

 

2.設定画面に入力

  • WP管理画面>設定>301 Redirects に移動し設定画面へ

左側に移転前(転送元)のURLを記入。ドメインは含めない。

例)https://aaaaaa.com/archive/日本語ページタイトル ←赤字の部分だけ入力

右側に移転後(転送先)のURLを入力。こっちはURLをフルで入力。

  • 変更を保存

以上、終わり!

あとは実際にアクセスしてみて、思い通りの動きになってるかチェックしたらOKやで。

「Redirection」と「Simple 301 Redirects」は併用できる

WordPressのリダイレクトプラグインが2つ入ってるとヤバイかな〜と思いつつ、両方を並行して走らせてるんやけど、特に問題なし。
すでにRedirectionを使ってる人でもSimple 301 Redirectsを使えるから、お困りのかたは試してみて。
※細かい動作確認をしたわけじゃないので、併用する際は自己責任で使ってくださいね

「Redirection」と「Simple 301 Redirects」の違い

「日本語URLもカンタンに転送できるならSimple 301 Redirectsだけ使えばええやん!!」
って思った?わしは思ったわ。でもそうもいかんのよね〜。
というか、「Redirection」と「Simple 301 Redirects」で機能性に差があって、「Redirection」のほうが便利なんよね。
「Simple 301 Redirects」はシンプルっていうだけあって、転送する機能しかない。

Redirectionにしかない便利な機能

  • CSVやhtaccessでの一括編集が出来る
  • 設定データ(CSVなど)のダウンロード(エキスポート)とアップロード(インポート)ができる
  • 301以外の転送も出来る

サイトをリニューアルする場合って転送するURLもかなり多いやん。そういうときにCSVとかで一括管理できたり、インポート/エキスポートできるのはかなり便利。

さいごに

今回は日本語URLを含む50ページほどをリダイレクトするだけやったから「Simple 301 Redirects」で一個一個やったけど、まあめんどくさかったわ〜w
でも、プラグイン側のソースをいじったりするよりはリスクもないし、ちゃんと転送できたからOK!
パーマリンクに日本語URLを入れるのってSEO効果の期待から流行ったけど、やめたほうがええね。経験上、SEOの差はほとんどないのに、こういう手間がかかりすぎるわ。

▼ちなみに、なぜリダイレクトプラグインを使ってるかって言うと、雑記ブログから人気カテゴリーを独立させてミニサイト作成中やねん。ミニサイトのアフィリエイトって収益性めっちゃええね。

ブログ運営カテゴリの最新記事