WordPressで内部リンクを貼った時のピンバック通知がうざい時!そんなときは No Self PingsというプラグインでOK

WordPressで内部リンクを貼った時のピンバック通知がうざい時!そんなときは No Self PingsというプラグインでOK


まいど!元気?

WordPressでブログ運営してるとき、SEO対策も兼ねて内部リンクをよく貼るんやけど、毎回「モデレートしてください」っていうメール通知が来てうざい…なんてことない?

今回はそんな、ワードプレスブログでのセルフピンバック通知を停止するプラグインをご紹介。あわせてピンバックの送受信自体をとめる方法も。

 

まず結論!No Self Pingsというプラグインを使えばOK

ピンバックとは何か?!
については後ほど書くとして、まずは内部リンクによるセルフピンバック通知を止めるプラグインのご紹介。

プラグイン No Self Pings ダウンロードはこちら≫
No Self Pingsという名の通り、セルフピンバックのみを停止してくれるプラグイン。インストールのみで設定不要

プラグイン≫新規追加≫【No Self Pings】と検索しインストール

以上で終わり!

ピンバックとは?

ざっくり言えば、相手に「あなたのブログ(サイト)のこのURLにリンク貼りましたよ〜」という通知を送る機能。これはWordPressに搭載された機能のひとつ。

WordPressから同一サイト内にリンクを貼ってもピンバック通知が届く

WordPressをデフォルトのまま使っている場合、内部リンクであってもピンバックが届く。
Aというサイトをキミが運営してて、過去記事にリンクをした場合、Aの運営者(つまりキミ)に通知が届くという、親切なんだかなんなんだかって感じ。
これをセルフピンバックというんやけど、この通知を停止してくれるのが今回紹介したNo Self Pingsっていうプラグイン。

外部サイトも含め、ピンバック通知の自体を停止する方法

今回のプラグインはあくまでセルフピンバックだけを止めるわけやけど、ピンバックの送受信、つまり受け取るのも発信するのも停止したい場合はWordPress本体で設定可能。

設定≫ディスカッション≫投稿のデフォルト設定

これで設定完了!

さいごに

ピンバックやトラックバック機能をうまく使うとアクセスアップや認知向上につながるけど、一歩間違えるとスパム的になるし、気をつけてな。

 

ブログ運営カテゴリの最新記事