ハナログッド:hanalogood

冗談半分または半分冗談で生きてる人のブログ

【未来の自分へ仕送りしよう】ズボラでもカンタンに貯金する方法

スポンサーリンク

f:id:odbc:20170622190146p:plain

最近は積極的にいろんな人のTwitterをフォローして見るようにしてるけど、みんな貯金やら節約やらしててエライなぁと思うばかり。(他にもエライなぁと思うことが多数ある。僕がダメなんじゃなくて皆がエライだけだと決めつけ、ゆるく生きてます)

そんな僕は貯金がとにかく苦手で、文字通り1円も貯金がない20代を過ごした。だって、給料の口座から別口座にいちいち移すの面倒だし、定期預金は手続きめんどいし途中で必要なとき出しにくいし、口座にある分は毎月ちょうど使い切るんだもの…という言い訳で固めた生活だった。まさに今を生きる。(←今しか見えてないずぼらのバカだ…)

しかし!!そんな僕も個人事業主になり5年以上、お金のアリガタミとツラミを札束で往復ビンタされたくらいには理解し、ようやく貯金出来るようになった。30過ぎてようやくだ。こんな人間でも生きられる日本って素敵。

ネットバンキングのおかげで、僕みたいな面倒くさがりでズボラな人間でも超カンタンに貯金できる方法(かっこよく言えば仕組み化)を編み出したのでご紹介します。

 

 

前置き(1) 毎月の引き落としに無頓着でみんな面倒くさがり説

「あれ、この引き落としなんだっけ?ん〜、携帯じゃないしネットでもないし…あ、最近行ってない英会話かな…?調べとこ」

みたいな感じで結局は面倒になり調べもせずダラダラ払う人が多い。

実際、ウェブサイト制作の仕事で関わったフィットネス系の会社の人から

「全く使ってないけど解約しない人、結構いるんですよ。うちだと10%超えてます」

なんて話を聞いたことがある。そこは月額平均10,000円程度。つまり、1万円をなんとなく払ってる人がいるそうだ

※そんなわけねーだろ!っていう人は十分しっかり者の部類に入るので自信をもってください

 

前置き(2) 謎の引き落とし金額も踏まえてやりくり出来る説

「もうちょっとお金(稼ぎ)があればなぁ」

なんて思いながら生きてる人はかなり多い。その「もうちょっと」の数値は現在の収入のだいたい25%増という説がある。何かの本で読んだけど出典忘れた。

 たとえば、手取りが月20万円の人は「あと5万円あればなぁ」と考え副業を探すそうだ。

じゃあ、あと5万円ほしいなぁと思いつつも貯金ができてない人は、毎月借金をしながら生きてるのかっていうと、そういうわけでもない。不思議ときっちり使い切るようにやりくりしてる。(データはないので感覚値+過去に色んな人に聞いたレベルだけど、心当たりないですか??)

つまり、毎月の謎の引き落としやらゲームの課金も含め、なんだかんだとプラマイゼロくらいで生活してる人が多い。中には借金地獄の人ももちろんいるけど。

 

本題:じゃあ毎月自分から自分に自動送金しちゃいなYO!〜未来の自分へ仕送りしよう〜

そこで、『 毎月の引き落としに無頓着でみんな面倒くさがり説』と『謎の引き落とし金額も踏まえてやりくり出来る説』というトンデモを自ら実証することにした。

 

面倒くさいという心情を逆手にとるのはダイエットと同じ。

hny.blkt.net

 

ようするに、メイン口座からサブ口座に月々自動送金(自動振込)する設定をしてみた。セルフ振込、セルフリコミと、今名付けた。

 

これはまさに未来の自分への仕送りみたいなもの。

 

ネット銀行は手続きがカンタンでズボラ人間には本当に助かる!!

自分から自分に自動振込って方法は、おそらく昔からやってる人はいたと思う。ただ、そこはほら、ズボラ人間ですから銀行の窓口にいって毎月の振込手続きとか超面倒なわけですよ。本当に。

でも時代は進歩しテクノロジーが格段に進化しIT化してくれたおかげで、カンタンにネットから毎月の送金手続きができる。僕はジャパンネット銀行をメインで使ってるけど、楽天銀行もわりと使いやすい。

※ネット銀行は申込みもネットで出来て口座もすぐ作れる

 

以下にネット銀行と都市銀行の自動送金サービスをざっくりまとめたけど…、都市銀行もっと頑張れ!!

 

 ジャパンネット銀行、楽天銀行、大手都市銀行の自動送金(自動振込)サービス、ざっくりまとめ 

ジャパンネット銀行の自動振込サービスと振込手数料について

毎月同じ振込先に同じ金額を振り込む場合、振込先の情報を登録しておけば指定した振込日に自動的に振り込みが行われます。

詳細は→ 自動振込サービス|ジャパンネット銀行

 

f:id:odbc:20170622183145p:plain

 

楽天銀行の毎月おまかせ振込予約と振込手数料について

家賃・駐車場代・習い事の月謝・実家やお子さまへの仕送りなど、毎月定額の振込を楽天銀行なら無料で自動化できます。

詳細は→ 毎月おまかせ振込予約|振込・支払|楽天銀行

 

f:id:odbc:20170622183256p:plain

 

三井住友銀行はネットから資料請求し郵送で手続き可能

あらかじめご指定いただいたお客さまの預金口座から、毎月ご指定の日にご指定の金額を、ご指定のお振込先に自動的に振込を行うサービスです。

詳細は→ http://www.smbc.co.jp/kojin/furikomi/soukin/

 三井住友銀行はネットだけでの申込みは出来ず、ネットで資料請求→書類書いて郵送でOKとのこと。

 

三菱東京UFJ銀行は自動送金のネット申し込み出来ないので窓口で

三菱東京UFJダイレクトではお取り扱いしておりません。お近くの支店窓口にてお申し込みを承っております。くわしくは、ご来店予定の支店窓口までお問い合わせください。

詳細は→毎月同じ日に、同じ先に振込(定額自動送金)したいが三菱東京UFJダイレクトのインターネットバンキング | よくあるご質問 | 三菱東京UFJ銀行

 

みずほ銀行の自動振込サービスは窓口必須

お客さまのご依頼にもとづき、毎月一定日に一定金額をあらかじめ指定した振込先に自動で振り込むサービスです。初回自動送金開始日の3週間前をめどに、お取引店またはお近くのみずほ銀行にご来店のうえ、お申し込みください。

詳細は→ みずほ銀行 : 自動送金サービス

 

りそな銀行はどうもヤル気が感じられない

支店窓口のみでのお取扱いとなります。自動振込サービスにつきましては、お取引支店までお問合せください。

出典:定期的に自動振込を行うサービスはありますか? | よくあるご質問|りそな銀行

りそな銀行に至っては説明がざっくりすぎてよくわからない。とにかく、ネットからは出来ない。

 

 

セルフリコミ(セルフ振込)してみた結果…

セルフリコミを初めてみた結果、見事にお金が貯まり始めた。

最初は試しに月5,000円ずつやってみたけど、徐々に増やしてみて今では月ウン万円(はっきり書くのはなんか抵抗ある)ほどセルフリコミで自分宛てに送金できるようになった。これは本当に画期的なほどの変化。さらに、ネット銀行なら投資信託もカンタンに出来てプラスが出てる。(定期預金なんてする気にならない利回りだ)

これ、お金がもともと余分にあったとかじゃなく、毎月の引き落とし金額の中にセルフリコミ分も含めて考えるようになったことで、無駄遣いが減ったんですよ。マジで。ズボラでよかった。笑

 

最後に:使うも貯めるもバランスが大切

僕は基本的に「お金は溜め込まずに使おうぜ〜!!!」派で、仕事に関わるお金や勉強に使う(いわゆる自己投資に使う)お金は出し惜しまないようにしてる。でもやっぱり個人事業主やってると、宵越しの金を持たないのは命取り過ぎる。だから、使うも貯めるもバランスが大切

 

ネット銀行なら口座作るのもネットですぐだから興味ある人はどうぞ。

ジャパンネット銀行

楽天銀行

※僕はネット銀行はこの2行しか使ったこと無いけど他にも色々あります

 

 

以上、僕みたいなズボラで今しか見てないようなタイプは、未来の自分への仕送りと思って一度チャレンジしてみたはどうでしょ?? 

▼こういう本はちゃんと読んだことないけど、節約術と合わせると相乗効果ありそう

年収200万円からの貯金生活宣言

年収200万円からの貯金生活宣言

  • 作者: 横山光昭
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2009/04/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 39人 クリック: 716回
  • この商品を含むブログ (113件) を見る
 
コミックでわかる 年収250万円からの貯金術 (中経☆コミックス)

コミックでわかる 年収250万円からの貯金術 (中経☆コミックス)

 
月給13万円でも1000万円貯まる節約生活

月給13万円でも1000万円貯まる節約生活