サブブログとして復活
(復活後はまとめ情報やメモなど自分用の情報多め)

がんに効く?びわ(種子)の粉末飲むと危険!高濃度の有害物質

スポンサーリンク

世の中には多数の「がんに効く食品」と言われるものがあります。僕は正直いってそういう健康食品の類には懐疑的。ちゃんと病院で治療する派。

そういうガンに効くと言われる食品の中に「びわの粉末」なるものがあるそうです。びわってあの黄色い小さい木の実、枇杷。そんなびわの種子の粉末に高濃度の有害物質が含まれているから食べるな!と農林水産省から発表がありました

 

 

 

ビワの種子の粉末は食べないようにしましょう:農林水産省

ビワなどの未熟な果実や種子(たね)には、天然の有害物質が含まれています。本年度、ビワの種子を粉末にした食品から、天然の有害物質が高い濃度で検出され、製品が回収される事案が複数ありました。ビワの種子が健康に良いという噂(うわさ)を信用して、有害物質を高濃度に含む食品を多量に摂取すると、健康を害する場合があります。
一方、熟した果肉は、安全に食べることができます。

 

ビワ、アンズ、ウメ、モモ、スモモ、オウトウ(サクランボ)などのバラ科植物の未熟な果実や種子の部分には、アミグダリンやプルナシンという青酸を含む天然の有害物質(総称して、「シアン化合物」と言います。)が多く含まれています。

 

種子を単純に乾燥・粉末にしたような食品では、シアン化合物はほとんど分解せずに残っている可能性があります。

 

出典:ビワの種子の粉末は食べないようにしましょう:農林水産省

 

アミグダリンは健康に良いわけではない

さらにこんな身もふたもないことが書かれてました。

 

インターネットや書籍の情報では、シアン化合物の一種であるアミグダリンを「ビタミンの一種」、「ビタミンB17」と称したり、「がんに効果がある」とうたったりして、アミグダリンが健康に良い成分としているものがあります。しかし、アミグダリンをビタミンとする説は現在では明確に否定されている他、アミグダリンの有効性に関する情報については科学的に十分な根拠はありません。(略)

海外では、アミグダリンを含む生のアンズの種子を体に良いとして大量に食べたことによる健康被害や死亡例が複数報告されています。

出典:同上 

 

そもそもビタミンとして認められてないのにビタミンと言う、ってなんなんでしょうね。

 

シアン化合物の健康被害ってどんなの?

シアン化合物がやばい!!って言われても、どうヤバイのって話なので文献調べてみました。

 

シアン中毒の症状

シアン中毒の症状は、シアン化合物が体内に入るとすぐに現れる場合が多いようです。遅くても数分以内に症状が現れるとされています。
軽症の場合、嘔吐、まめい、頭痛、頻脈、呼吸促進、代謝性アシドーシス、顔面紅潮等が生じるようです。シアン化合物が大量に体内に入り、重症化した場合、呼吸困難、血圧の低下、肺水腫、心房細動、意識が無くなる、けいれん等が生じ、呼吸が停止したり、心肺停止となることもありえます

出典:シアン中毒の症状・原因・治療 Doctors Me(ドクターズミー)

 

ん〜、ヤバイですね。具体的な摂取量の目安が見当たらなかったので申し訳ないんですが、いずれにしても、びわの粉末は避けるのがベターです。

 

びわの粉末は普通に売られてる

最後に、びわの種子の粉末なんて売ってるのかな〜って調べたら…普通にありました。レビュー欄を見た限り、めまいなどの健康被害は出てないっぽいですが、よく探すと書いてるかもしれませんね。