サブブログとして復活
(復活後はまとめ情報やメモなど自分用の情報多め)

【メール危険注意】楽天カード株式会社support@mail.rakuten-card.co.jpの迷惑詐欺メール

スポンサーリンク

f:id:odbc:20171206052150p:plain

楽天カードを使ってるんです、家族カードも作ってるので一家で2枚。で、その楽天カード(および楽天市場)はメインのgmailとは別のメールで契約してます。メールの嵐なので。笑

そんな楽天用メールを数日ぶりにチェックすると楽天カード株式会社<support@mail.rakuten-card.co.jp>というところから【重要】カスタマセンターからのご案内【楽天カード株式会社】というメールが来てました。なんとなく嫌な予感がしたので調べたら…やはり危険な迷惑メール(フィッシング詐欺メールアドレス)のようです。

 

 

メールの内容→【重要】カスタマセンターからのご案内【楽天カード株式会社】

以下、届いたメールの内容を転載します。

 

【重要】カスタマセンターからのご案内【楽天カード株式会社】
from :楽天カード株式会社 <support@mail.rakuten-card.co.jp>

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【重要】カスタマセンターからのご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

平素は、楽天カードをご愛顧賜り誠にありがとうございます。

当社からの重要なご案内をお送りいたしますので、

下記内容をご確認いただきますよう、何卒お願い申し上げます。

ただいま、お客様からの変更処理に基づいて会員登録情報が変更されました。

万が一、本メールの内容に覚えがない場合には以下までお問い合わせください。

http://rakuten-card.co.jp/accountID******/confirmation

※このメールはお客様の会員登録の情報が変更されたことをお知らせする重要なご連絡です。


なお、携帯電話からは本サイトをご覧いただけませんので、パソコン又はスマートフォンからお手続き願います。(※スマートフォンの一部ではご利用いただけません。)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<お問い合わせ先>

楽天カード株式会社 カスタマセンター

電話番号:0570-043-***

(一部ご利用いただけない場合は092-302-0***をご利用ください。)

営業時間:8:15-20:40

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※このメールの送信アドレスは送信専用となっておりますので、

本メールへのご返信はご遠慮いただきますようお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行元  楽天カード株式会社

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 じつにそれっぽい内容ですね。営業時間がブラック企業並ですが楽天なら有り得そうだし。笑

※電話番号は一部ふせてます
※URLも一部加工

 

調べてみると、やはり迷惑メール(詐欺メール)でした

調べたところ、楽天市場の公式サイトに情報が出てました。

 

■楽天カードを装い「support@mail.rakuten-card.co.jp」から届くメールに注意しましょう。

以下内容をご参考に覚えのないメールを受け取ったお客様におかれましては、電話連絡をしたり
本文に掲載されているURLをクリックすることのないようご注意ください。
また複数の送信元や件名、内容が存在しておりますのでご注意ください。

差出人 ① 楽天カード株式会社 <support@mail.rakuten-card.co.jp>
差出人 ② 楽天カード株式会社 <info@mail.rakuten-card.co.jp>
件名① 【重要】カスタマセンターからのご案内【楽天カード株式会社】
件名② 口座振替日のご案内【楽天カード株式会社】(楽天カード)

出典:【楽天市場|公式ヘルプ】楽天を偽装したサイト・メール等にご注意ください(2017年10月26日 更新)

 

いくつかパターンがあるようです。

 

メール内のURLも偽装済み

先ほどのメール、本文内にURLがあり

rakuten-card.co.jp/accountID******/confirmation

と書かれてました。このURLは確かに楽天内に存在します。ただ、とどいたメールはhtmlでかかれており、実際のリンク先は

ttp://lkkxrf.******.com/

という、ぜんぜん別の怪しいURL。おそらくアクセスするとフィッシング行為を行うURLです。

 

ネット社会は「自分の身は自分で守る」これしかない

文面や偽装されたメールアドレスなど、どれをとっても一瞬騙されそうな内容ですよね。これはなかなか気付きにくそう。

しかし、ネット社会というのは便利な半面、こういう詐欺行為が横行してます。一昔前だったら中国語っぽい文章とかですぐわかりましたが、最近は巧妙化してます。

注意するべきポイントは

「ん、なんか怪しいぞ…」

という勘だけだったりします。特に、メールに関しては基本的に疑うという姿勢で、怪しいものはすぐに件名などをググってみましょう。