ブログを書くコツは『はじめてアクセスする人への配慮』

スポンサーリンク

f:id:odbc:20170509193428j:plain

調べ物をしててググって出てきたブログを読んでると、立て続けに迷子になった。その理由は『はじめてアクセスする人への配慮がなかった』から。自戒もこめて備忘録。

釣具屋で働いてたくらいに釣りが好きだったんだけど、ここ数年はなかなか釣りに行く機会もなく遠ざかり気味だった。でもGWに友達と釣りに行き、そこで見かけた仙人みたいなおっちゃんに衝撃を受け、新しい釣りに挑戦しようと情報収集開始

そこで出会った数々のブログでことごとく迷子。ブログを書く時は読者目線が大切って言うけど、『はじめてアクセスする人』目線ってのも大切。

今回はそんな『初訪問者目線』について。

 

 

チヌの落とし込み釣りをしたくて情報収集するも…

釣りに興味ない人は飛ばしてもらってOKなんだけど、一応何を調べたかについて。

GWに釣りに行ったけど、ルアーもサビキも全然釣れず。他の釣り客も全くダメ。

f:id:odbc:20170509200555j:plain

そんな中、竿と網のみを持ったおっちゃんが黙々と足元を攻めてた。

そして突然バシャっと音がし、見ると40cmくらいの黒鯛(チヌ)を釣り上げてた。

僕はいろいろと荷物をもってるのに対し、おっちゃんは超シンプルなアイテムで結果を出してるのを見て衝撃をうけた。おっちゃんは落とし込み釣りという釣り方で、僕は未開拓な釣法。そこで帰宅してすぐ情報収集開始。

しかし…

 

作者と常連読者にとっての普通・当たり前は僕ら(初来訪者)の当たり前じゃない

釣り情報を検索すると、ポータル系のサイトと共に、個人の趣味ブログがたくさん出てくる。釣りってのは釣り方やコツ、結果も含め千差万別。人によって違うからこういう趣味ブログってのはすごくありがたい。

ただ、趣味性が強いせいか、アメブロなどのSNS的要素のあるブログだからか、

「〜〜〜〜については前にも書いたし、みんなご存知だろうし省略!」

って感じの、作者と常連読者にしかわからない”当たり前”が飛び交ってる。過去記事への内部リンクなんてものも無い。

アクセスアップを求めてないブログもあるだろうし、実際に仲間内での会話を想定してるブログもあるだろうから、書いてくれてる人に文句はない。(←ここは誤解してほしくない。ブログ作者をdisる気は1ミリもない

 

ブログを多くの人に読んでもらいたいと思うなら、初訪問者目線はとっても大事!

ブログを書くにあたり、読者目線が大切だ〜!!!ってのはずっと言われてること。ただ、読者目線っていうのは文章が読みやすいとか専門用語を使わないっていう、文章術だけじゃない。

検索結果からアクセスしてくれる人ってのはたいがいが初訪問者だし、何度かアクセスしてくれてても過去記事まで覚えてるわけじゃない。

 

構造的に見やすいように一手間かけることが大切

関連する過去記事への内部リンクを貼る、この一手間があるかどうかでずいぶん違う。

たとえば大きなショッピングモールがあるとして、トイレがどこにあるかの矢印を掲げてくれてるかどうか、たったその一手間で使い勝手(横文字で言えばユーザビリティ)が格段に良くなる。

それと同じで、はじめてアクセスして読んでくれた人のことを念頭に入れ

「あ、ここであの記事のリンクを貼っとくと、さらにわかりやすいかな?」

という、ちょっとした一手間、配慮が大切。

 

まとめ:ブログも結局は お・も・て・な・し

備忘録ってことで僕自身の話もあったりで長くなったけど、結局は

「はじめて見てくれる人にとってわかりやすいようにしよう!」

という、おもてなしの心がブログにも大切ってこと。

と、偉そうにかいたけど、僕自身も気をつけないとな〜と思う経験だった。気をつけよ。

 

ブログ続けてるけどなかなか反響がないって人にオススメの記事

hny.blkt.net