将来の夢に向け古物商の許可証取得・申請の準備中

スポンサーリンク

f:id:odbc:20170422085823j:image

元古着屋店長なわたくし。もう仕事で古着と関わることはないと思ってたけど、古着のリメイク品を売りたくて、警察署にて古物商許可証を取得することに。なお、今回はハウツーじゃなく完全なる日記なので取得方法とかは書いてないっす!

古着屋で店長してたのも10年くらい前。時が経つのは早いなぁ。古着は今でも好きだけど、仕事で関わることはないと思ってた。

でも今回、自分の夢というかやりたい事を見つめ直した結果、古物商許可証が必要になった。

今回はそんないきさつやら途中経過の日記。

 

古着屋で店長してた20代前半

今年34歳になる。10年ひと昔なんて言葉があるけど、僕は21歳〜24歳の3年ほど、古着屋さんで店長をしてた。まあ、バイトの雇われ店長だけど。

古着が好きだったから働きたい!という実にシンプルな理由で、アメリカ村にあった小さなセレクトショップに面接に行き、新店舗の店長をしてた。

 

▼古着屋で働き始める、最初の一歩の話

【アパレル業界】古着屋での緊張の面接【バイト・転職】 - 再起動戦士はなろぐZ

 

古着屋として独立したかったけど、自信がなくて断念

古着屋でバイト店長をしてるとき、いつかは自分の店を持ちたいと思ってた。20代前半の妄想力と皮算用で、この本を読み1000万円くらい稼ぐ気でいた。笑

超人気キラーブランドの始まりは、路地裏の小さなお店から・・・

超人気キラーブランドの始まりは、路地裏の小さなお店から・・・

 

 すっごい懐かしいなこの表紙。面白かったしまた読もうかな。

 

でも実際に働く年月が経てば経つほど

「やばい、これ全然儲からんやん…」

という現実を目の当たりにした。(あくまで働いてた店の話で、儲かってるとこもある)

そして25歳を前にし、進路を考えた結果、ウェブ制作の会社に潜り込み、ウェブ屋を目指した。(高校生のときからネット好きでホームページ作ったりしてて、古着屋でもウェブ通販サイト立ち上げてたから)

 

30代後半を前に“これからの生き方”を見つめ直したら古物商許可証が必要だった

そんな経緯で古着販売から離れたから、古着屋さんをやろうという気は起きなかった。ちなみに、今も純粋な古着屋をやろうとか思ってない。

ただ、あれから10年経ち、古いものに対する可能性みたいなものもすごく感じるようになった。そして、去年あたりからずっと

「このままウェブ屋のフリーランスでいいのかなぁ。これが一生やりたいことかな?」

と、自問自答。

結果、こんな目標が生まれた。

将来の夢は古着屋+バーな古物店?34歳になるミーハー男の夢 - 再起動戦士はなろぐZ

古着と古本と中古レコードと酒と…好きなモノを集めた古物店+Barのようなお店を持ちたい。

複数の仕事をする複業スタイルとして、ウェブ屋もやりつつ、古物店もやる、ということ。

だから今の目標は【ウェブを使った収益を強化する】こと。そして、古物店のバックヤードをオフィスにし、そこで収益を上げるという計画だ。集客する気もあんまりない。だから腐らないものばかりを扱ってるわけだ。笑

という具合。酒と、って書いてるけど酒はやめたからコーヒーとかにしたい。

古着に関しても、ただ古着をたくさん置くんじゃなく、自分でリメイクした古着なんかを置きたい。子供の頃からミシンと裁縫好きなもんで。

 

まずはリメイク古着を販売してみことに!!

夢なんて思ってるだけじゃ何にも叶わないし、なによりこの夢はさほど難しいモノじゃない。儲けられるかどうかが問題だけど(←ここが一番課題だけど)、店を立ち上げること自体は行動力次第だし。

で、その夢の第一歩として小さく実験をしてみることに。

ここ3年くらいでプリントTシャツを100枚以上販売したことがあるけど、次はリメイクTシャツを売ってみることにする。

新品のTシャツに古着の生地を使ったリメイク品を作り、ハンドメイド販売のミンネなんかで売ろうってわけです。

こういうのはいきなり店構えたりせず、小さく実験するに限る。ウェブっぽくいえばリーンスタートアップ、かな。笑

 

最後に:古物商の許可証申請準備中。意外とめんどい…

まあそんな感じで、とにかく古物商の許可証がいる。ヤフオクとかなら不要なんだけど、販売の自由度を確保したいから取ることに。フリマとかも出したいし。

大阪府警のサイトから申請書をダウンロードし、記入まではした。

けど、僕は本籍が山口県なので、山口県の市役所から書類を取り寄せる必要があった。あと大阪法務局からも。これがまあまあめんどくさい。(記入内容は簡単なんだけど、書類集めがめんどい)

現時点ではまだ取り寄せ中。来週あたりに届く予定。

古物商の許可証ってのは試験とかはなく、必要書類を用意して警察署に提出すればオッケー。不備がなければ40日後くらいに許可証が届くらしい。遅っせー!!!!笑

そして、19,000円の申請費用がかかる。なかなかするなぁ、おい。まあでも、行政書士とかに代行頼むとさらに5万円くらいかかるから、個人の場合は自分でやるべき。

 

なんか久々にブログで日記を書いたような気がする。笑

単なる日記だから誰のためにもならないけど、まあいいジャマイカ!おわり!!

※申請終わったら取得の流れとかハウツーを書く予定