ハナログッド:hanalogood

冗談半分または半分冗談で生きてる人のブログ

全面禁煙になったら儲かるビジネスモデルを考えてみた

スポンサーリンク

f:id:odbc:20170301095248j:image

全面禁煙の世の中になった場合の、法の網をかいくぐったビジネスモデルを考えた。

バーやスナックを除く居酒屋の全面禁煙規制が現実味を帯びてきた。

僕は元喫煙者ではあるけど、禁煙には大賛成。全く同じ居酒屋なら全面禁煙の店を選ぶ。

とはいえ、タバコは嗜好品だし、マナーやルールを守った上で吸うのは構わない。

喫煙の害悪についてアレコレ言うのは他の人にまかせ、僕は【将来、全面禁煙になったら儲かるビジネスアイデア】を考えてみた。

 

 

【予想1】喫煙難民が生まれる

アイデアを考えるにあたり、全面禁煙になった場合の世の中の状況を考えてみる。

まず、居酒屋は言うに及ばず、コンビニ前などの灰皿もなくなるだろう。(今でもあれは消防法のためらしく、喫煙所ではないらしい)

そして未来では、飲酒運転くらい本気で逮捕される世の中になるかもしれない。

法も厳しくなり、街の店頭から灰皿が消えることで、タバコ吸いたいけど吸う場所がない!という喫煙難民が生まれるだろう。

 

【予想2】シガレットバー的なところは流行らない

法律でがっつり規制されると、タバコが吸えるお店はスナックやバーに限定される。

『タバコ吸い放題の店を作ろう!』

と言う人が必ず出てくるだろう。そして、今で言うシガレットバー的なモノの、もっとカジュアルな店を作るかもしれない。

てもこれ、流行らないと思う。と言うのも、タバコを吸いたい人たちは昼間に多い。外出中のビジネスマンとか。そんな人がいちいちバーとかに入るかって言うと、無理がある。

ネットカフェとかはバーやスナックにあたらないから無理だろうし、夜にわざわざバーに行くくらいなら家で吸うだろう。

 

【予想3】喫煙者は職場からも消える?

喫煙することを理由に採用を見送ったり、クビにすることはできない。でも、喫煙が原因で

『あの人はタバコくさいから営業に来ないでほしい』

と、クライアントから言われる可能性はある。

そうなると営業成績も落ち、会社に居られなくなるかも。

酒臭い営業マンなんてだらしないしみんな嫌だと思うけど、今後はそれと同じように

【タバコくさい=だらしない】

なんて風潮になりかねない。企業は

【皮膚から香る!飲むファブリーズ】

でも作るべきだ。

 

【ビジネスアイデア】車のシェアリングエコノミーと喫煙所

ここまで読んでくれる人がとのくらいいるのか不安だが、僕が考えたビジネスは

【移動喫煙所】

というもの。

ウーバーというビジネスがある。自分が所有する車を使ってタクシー業のように稼ぐやつ。あのシェアリングエコノミーを使うというアイデア。

 

自分の車を喫煙所として貸し出す

車でタバコを吸う人は結構いる。そこで、喫煙者でかつ車を持ってる人はその車を【移動喫煙所】として貸し出す。

タバコが原因で職場を追いやられた人も、メルカリアッテにでも出品だ。

 

喫煙車ビジネスの使い方

喫煙車でタクシーのようにビジネス街を流す。車体には大きく【smoke with you】みたいな文言とタバコのロゴだ。

そして吸いたい人はその喫煙車に向かって手をあげる。

すると喫煙車ドライバーは目を合わせ、ニコリと頷き止まる。

ドライバー『こんにちは、どうぞお座りください』

そして車内でモクモク。ドライバーの方も喫煙するから2人でモクモク。

『いやぁ、世の中、喫煙者に厳しいよねぇ〜』

『ほんと、タバコ吸うだけで警察来ちゃいますもんねぇ。あ、お客さん、そこのボタン押してみてくださいよ。』

ポチッ

『うわ、なにこれ?タバコの煙が紫色になったじゃん!』

『いいでしょ。パープルヘイズってシステム、作ったんですよ。』

話も弾む。喫煙所の会話はなぜか弾む、アレだ。

そして喫煙者にはギタリストが多くてジミヘンが好きだ。

 

喫煙車ビジネスは脱法ビジネス

まず、車の中での喫煙は規制されてない。さらに、タクシーのように人を乗せて走る必要がない。いわゆる《停車》状態で数分間だけ後部座席に人を載せるだけだから、タクシーのような二種免許はいらない。(たぶん)

人が乗ってるからすぐには駐禁も切られない。

シリコンバレーのスタートアップの鉄則に

『グレーゾーンを攻めまくれ!』

というのがある。法の抜け道を見つけ出し一点突破、いくぜヒプホッパー!である。

 

▼これぞ武田邦彦の真骨頂!!と言うべきトンデモ感

早死にしたくなければ、タバコはやめないほうがいい (竹書房新書)

早死にしたくなければ、タバコはやめないほうがいい (竹書房新書)

 

  

喫煙車ビジネスの裏でJTが…

『いやぁ、生き返った!ありがとう、いくら?』
『(メーターを見て)5分だから200円ですね』
『安いねぇ、こないだなんて3分で1000円とか言われてさ。』
『あらぁ、そりゃボッタクリかもしれないですねぇ。喫煙車ドライバーもピンキリだから。僕はJTの認定講習うけて認定証もらってるから、ご安心を。』

『へぇ、そんな認定証あるんだ、いくらでもらえるの?』

『年8万円ですよ、タバコ代より安いもんですよ、ハハハ』


JTは認定証ビジネスで喫煙者からさらに金を巻き上げていたのだった。