読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

再起動戦士はなろぐZ

【ウェブ集客】で【稼げるサイト】に再起動するのが得意なウェブ屋が書いてる雑記

MENU

フリーランスは"勝つこと"よりも"変化を恐れず生き残り続けること"が大切

f:id:odbc:20170126151656j:plain

制作会社を経て、ウェブ制作屋(個人事業主)として独立したのが2011年の秋。あれから5年が過ぎた。しんどいこともあったし、不安で眠れない時もある。今もときどき夜中に目がさめ、考え事をしてるうちに朝になる。

そんな5年を振り返り、やはりフリーランス(個人事業主)っていう働き方は、勝つことよりも、生き残り続けることに重きを置くべきだと感じている。

 

誰かと比較し、その人より稼いで成功してやる!というモチベーションは脆い

独立当時、すでに独立してる先輩が数人いた。そして独立後に出会ったフリーランスもたくさんいる。

僕はその人達と自分を比較し、

『あの人たちより稼ぐぞ!成功するぞ!』

というモチベーションを持っていた。だからFacebookなんかでも

『今日は神戸の**社で打ち合わせ!大きな仕事になりそうだな』

なんていう、クソ寒い忙しい自慢をしてた。マジでダサすぎる…。

そのモチベーションのもと、たしかに仕事は増えた。忙しかった。でも、ある時から急激にやる気がなくなってしまった。

それは、いくら頑張っても他の人達の方が僕よりも忙しそうに見えたし、稼いでるように思えたから。

 

SNSを見ると、みんな忙しそうだし稼いでそうだしリア充で、心がどんどん消耗する日々

さっきも書いたとおり、SNSで(無意識も含め)忙しい自慢やリア充自慢する人はすごく多い。僕自身もそういう投稿をしてたから、余計に他人の行動は目につくものだ。

そういうのを見る度、

『もっと俺もアピールしたい!何かネタはないか?!』

というくらい、手段そのものが目的になっていた。やがて僕は消耗し、心の火が消えかけていた。

その頃がもっとも忙しく、もっとも家族との時間が少なく、もっともお金がなかった。無駄に飲み会に参加したりして出費も多かった。

 

消えていくフリーランスや会社経営者たち

仕事も遊びも充実してるぜ〜!ってな具合にウェイウェイしてるフリーランスや経営者たちを横目に、僕は焦っていた。どうすればいいか混乱してた。

そんなとき、立て続けにこんな話を聞いた。

『**さん、なんか仕事なさすぎてやばいらしいわ。普段はバイトしてるらしいよ。まあ実家ぐらしだからどうにかなってるみたいだけど。』

『**君、国の補助金使ってガーッと仕事大きくしたけど、全くダメで借金まみれだって。』

こんな噂話、下世話だと思うかもしれない。けど、フリーランスや経営者が集まる会ってこういう会話が一回はでる。

で、件の2人はそれぞれ別人だけど、SNSでは豪華な飲み会に行ったり、旅行に行ってるような人たち。でも実情はカツカツだそうだ。

そしてそんな話を聞いてから1年もしないうちに、二人ともフリーランスや会社経営をやめ、会社勤めに戻っていった。

 

フリーランスは変化を恐れず、生き続けることを目標に行動するべき

僕自身、今ではSNSでの発信や利用を減らしてる。(ブログの更新情報を通知するのがほとんど)

あ、Instagramだけはしてる。インスタは他のSNSよりもネガティブ系・放射脳系な話も少ないしマイペースに出来る。見てて楽しいし。(花屋ツトム (@t.hny111) • Instagram photos and videos)

ときどきFacebookやTwitterで他人の投稿を見ることはあるけど、以前のような嫉妬心というか焦燥感はなくなった。というか、見てて心がざわつくような自慢系ばかりな人の投稿は非表示にしてる

この5年を通し、変化を恐れず生き続けるための戦略と行動を念頭に動くべき、と確信するに至った。

最も強い者が生き残るのではなく、
最も賢い者が生き延びるのでもない。

唯一生き残ることが出来るのは、
変化できる者である。

チャールズ・ダーウィン

出典:チャールズ・ダーウィンの名言 | 地球の名言

 まさにこれ。カメレオンのように状況にあわせ、恐れず柔軟に変化していきたい。

こないだ書いたとおり、副業に対するスタンスも柔軟にすることで生き残れる確率を高められるだろう。

hny.blkt.net

 

SNSを見て誰かと比較し勝った負けたと一喜一憂するのは愚かしい

企業のように業績が公開されたり、従業員が多い場合は稼ぎ第一!というふうになり、【競争社会】の中での勝ち負けを意識することになる。上場企業なんて四季報を見れば実際に数字で比べられる。

でも、1人起業のフリーランスはそんな勝った負けたを意識するより、生き残り続けることを目指すべきだ。(というか、SNSの例をみても分かる通り、個人レベルの勝ち負けなんて外側から判断出来ない)

▼フリーランスとして人を雇わず生き抜くにあたり、この本は独立後に読んだけどとても勉強になりました

ひとりビジネスの教科書 自宅起業のススメ

ひとりビジネスの教科書 自宅起業のススメ

 

 今年は【生き残り続けるために何が出来るだろう?】と自問自答を絶えずしていくことにする。

 

 

SNSってつい見栄はりたくなりますよねぇ。

 

そうそう。嘘の見栄をはっても外側からわからないしね。SNSはついつい人と自分を比べてしまいがちだから、マイペースに生きたいならあんまりSNS使わない方が幸せかもね。