【フリーランス6年目】ブログのおかげ?こじんまりと好きに生きる楽しさを感じた1年だった

年賀状にもOK!ブロガーのためのポストカード発売中

スポンサーリンク
 

2016年ももう終わりですね〜。この一年、どうでした?

 

今年は独立して丸5年が経過(今6年目)したけど、大きな意識の変化に向けて小さな変化をたくさん経験できたように思うよ。

 

無理してそんな賢そうな言い方しないくださいよ。

 

余計なお世話だバカヤロウ!

 

 

まずざっくり5年を振り返り

変化が多いって言っても、個人事業主・フリーランスの人って基本的に常に変化が多いですよね?ていうか、変化していかないと生き残れないという考え。

だから冷静に振り返れば毎年毎年大きな変化やチャレンジがあった。独立1年目は仕事がぜんぜん無くて金が底をついて国金からもボロクソに言われ…。

2〜3年目はちょっと調子よかったけど、詐欺師に取り込まれそうになったり、年の瀬にとある法律の専門家(士業)のクライアントからよく分からない逆ギレをくらい、大金を請求されて疲弊し人間不信になったり…。

4年目には初めてアシスタント的なバイトを雇ったりもした。で、1年足らずで辞められ、自分の人材育成能力のなさに落ち込んだり。

そして5年目になるちょっと前からこのブログ【はなろぐ】をスタート。このブログをきっかけにこの1年は色々と考えが変わったように思う。

 

ブログに自分の考えをひたすらアウトプット。そして【ブロガー(笑)病】に取り憑かれる

アシスタントが辞めることになり虚無感と喪失感みたいなもの、自己嫌悪みたいなものに取り憑かれどうにもならなかった。そんなとき、リハビリも兼ねてはてなブログをスタート。ブログの経験は昔からあるけど、よくよく考えるとノーテーマな雑記はかなり久々。

続くかわからないながら、思うことや感じたこと、読んだ本のことなんかをひたすらアウトプットし続け、気がつけばあっという間に100本の投稿。1日5本更新を数ヶ月続けたり、PVや収益みたいなものをひたすら追いかけたり、これはこれで取り憑かれてた。笑

今考えた言葉だけど【ブロガー(笑)病】という言葉がしっくり来る感じ。収益やPVばかりを追いかけ、ただただ投稿本数を増やし続ける、読者のことなんか無視した病気。

 

PVや収益を気にするよりも、あらためて自分自身と向き合うことにした

PVのためにブログを書く、というのはやっぱり本末転倒なんだと気がついた。だからといって、100%読者のために書くってのもなんだか僕の中のブログ感と少し違う。

現時点では、

【読んでくれる人に少しでも伝わりやすく、笑ってもらったり困り事の解決になることも書く。でも自分の思ったままのことを書くのもOKな場所】

それが個人ブログという、僕にとっての居場所だよな〜と思ってる。

そもそもが精神的なリハビリのために始めたのに、気がついたら今度はPVやらなんやらなにとらわれ疲弊してるなんてアホ過ぎるやん、俺。

今後も引き続き、解決策・HowToになるようなブログと、思考整理的なブログを書き分けつつ、あらためて自分と向き合う場にしたい。(HowTo系のブログはもっともっと『なるほど!』と思ってもらえるようにわかり易さを追求したい)

 

ブログを書くようになり、出会える本の種類が変わった

ブログを書くようになり、読んだ本の感想を書く機会が増えた。書評を書くとインプットの濃さが増しますね。

その中でも、ライフワークというテーマのこの本はすごくいい出会いだった。

「ライフワーク」で豊かに生きる

「ライフワーク」で豊かに生きる

 

▼この本について書いたブログ 

hny.blkt.net

本田健さんって言うとお金系の話が多く、好き嫌いがわかれるところ。僕も1〜2冊くらいしか読んだことなかったけど、この本は精神的に弱ってた(迷ってた)僕にはものすごく示唆深い一冊だった。

この本もそうとう良かった。

孤独の価値 (幻冬舎新書)

孤独の価値 (幻冬舎新書)

 

 ▼この本について書いたブログ

hny.blkt.net

森博嗣さんって知らず知らずに何冊か読んでたけど、そうとう好きな価値観の人だとこの本で気がついた。僕は性格的に1人で過ごすことが好きだし、仕事においても

『企画から制作、納品&アフターフォローまで自分で済ませたい』

という、DIY精神みたいなものが強くて、それができるウェブ制作業をしてる。ただ、世間的にはSNSとか見てると同業のフリーランスたちが何十人も集まって

『鍋だぜ〜!!!!蟹鍋だぜ〜〜〜!!うぇいよ〜〜〜〜!!!!』

ってな具合で楽しそうにしてるし、そうじゃない自分に『ダメなのかなぁ』なんて思い、本来の自分に蓋をし、友達を増やそうとばかりしてた。でも孤独を受け入れる意味と向き合えることができ、モヤモヤが晴れたような気がした。

※1年を振り返ってるくせに去年の秋冬の記事ってのは無視してくださいw

 

 

こじんまりと生きること、マイペースに活動することに繋がった

そんな具合で、ブログを書くことで思考整理していく中で、いつもは読まないような本も読む機会が増え、すごく自分に合う本に出会えたのが去年の後半。

何度か読み返したり、類似書を読んだりしていくなかで徐々に思考や行動に小さな変化が起こり、2016年はかなり【マイペースに生きる】ということが出来たように思う。

一番最近だとこの行動はとても大きかった。

hny.blkt.net

昔の僕だったら、いくら自分がイライラしてて子供に優しく出来てなくても

『平日に休んで動物園とか無理だよなぁ。もっと収入的にも余裕出来てからにしよう』

と先延ばしに思ってた。でも、子供はどんどん大きくなるし、5歳という時期は今しかない。

そして今回は

『いつかくる本番を待ちながら、毎日をリハーサルのように過ごすという過ちを犯してる』

ということに気がついた。毎日本番だし、子供なんて日々大きくなる。僕がイライラしたまま何年も接していれば、たとえ数年後に

『仕事に余裕も出来たし、動物園行こうか』

なんて言っても『友達と遊ぶからいいや』とかどうとか、今ほどの素直さでは一緒に行動出来ないような予感がした。深い人間関係っていうのは1回の何かで劇的に変わるより、日々の積み重ね。ジワジワとヒビが入り壊れるのか、徐々に重なり合って大きな繋がりになるのか。

そういう考えが芽生え、子供と二人っきりで動物園に行き、そのあとも街をうろうろし、出来る限り子供のしたいことをさせてあげた。結果、日帰り旅行中は一回も怒らずに過ごせたし、その後もイライラが原因になってるような怒り方をすることは無くなった。(たまに叱ることはあるけど)

 

仕事よりも大切なこと

これまでは

『もっと稼がないと!』

『個人事業主から法人化しないとかっこ悪い!』

みたいなマインドに支配されてた。規模を大きくするためバイトを雇ったりもしたけどうまくできなかった。知り合いが法人化することを聞き、嫉妬してる自分が居た。

でもこの1年はそういう発想をすて、自分のしたいことを先延ばし・後回しにしないようにしつつ、フリーランスとして過ごすことにシフトできた。(もはや法人化は大切!スゴイこと!とか全然思わなくなり、必要に応じてすればいいと思ってるし、今後は人を雇うつもりもない)

 

そんなふうに、自分らしい歩み方に以降したところ、これまでよりも収入が少し増えたし、出費がかなり減った。(見栄への浪費とか辞めたし、格安SIMも最高に快適すぎる)

iPhone6sにDMMモバイル格安SIM挿したけど快適でしかない - 再起動戦士はなろぐZ

 

まあそんなわけで、2016年はマイペースさ、自分らしさみたいなものの片鱗をようやく発見出来たように思う。僕にとって仕事よりも趣味や家族、友達と過ごす時間が人生においては大切なんだな〜ってことを再認識できた、意義ある一年だった。

2016年で感じたことをベースに、あらためて自分自身を再起動してあたらしいOSでリスタートしたい。