結露対策に車のガラスコーティング剤:glaco(ガラコ)を塗ってみた

年賀状にもOK!ブロガーのためのポストカード発売中

スポンサーリンク

f:id:odbc:20161115132431p:plain

ガラコ〜〜〜!!!!

というCMのおかげで僕は『車乗るなら絶対ガラコを窓に塗ろう』と心にきめている。

▼このCM(股の角度スゴイな…)

youtu.be

ガラコを持っている僕はふと思った、結露対策に使えるんじゃないか?と。今回は

車用ガラスコーティング剤で結露対策したらどうなるのか?

検証結果をご紹介。

 

マンション一階はとても結露しやすい

我が家はマンションの一階。一階は地面が近いこともあり水分多いし気温の変化が激しい。だから冬の朝は窓がビショビショ。去年はこんな記事も書いたくらい。

結露対策は結露クリーナー(ペットボトル式)がオススメ! - テキドニ・テキトーニ

ただ、もっと他に対策できないのかな〜と思うわけです。水滴の量を減らし、可能ならクリーニングしなくても気がついたら蒸発してるくらいに。

そこで、車のガラスコーティング剤:glaco(ガラコ)を塗ってみることに。 

 塗り方の詳しい説明は省くけど、基本的に【ガラスをキレイに拭き、しっかり乾いた状態で塗り、10分位したらしっかり乾拭き】

 

結露対策に車のガラスコーティング剤:glaco(ガラコ)を塗った結果

こんな具合になりました。

f:id:odbc:20161115133240j:plain

結構アップで撮ってますが、ガラコ無しの方は大きな水滴でビショビショ。これはタオルで拭いてもぜんぜんダメなのでペットボトル式のクリーナーで除去。

一方、ガラコ有りの方はとても細かな水滴で、タオルでサッと拭くだけでキレイにできました。

ということで、

『結露自体をなくすことは出来ないけど、水滴を小さく・少なく出来るっぽい

という結論に。っぽい、というのがポイントで、これが実際どんな窓でもこうなるのかまではわかりません…。我が家ではガラコを塗って以来、吹き忘れても数時間後に蒸発してキレイになるようになったので、カビ対策にもなってます。

車を持ってる人でガラコとか類似品を使ってる人は一度試してみてはどうでしょ?