読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

再起動戦士はなろぐZ

【ウェブ集客】で【稼げるサイト】に再起動するのが得意なウェブ屋が書いてる雑記

MENU

ブログを書けなかった理由と再開しようと思う理由

記事一覧 考え方・思うこと、仕事の話 備忘録・日記

f:id:odbc:20161010123325j:image

9/26に更新して以来、半月ブログを書いてない。twitterなどのSNSも10月は1日に投稿一回だけ。(ふだん結構投稿するほうなのに…)

別に僕の更新が滞ったところで多くの人には気づかれないとは思う。ただ、今回は更新する気持ちになれなかった事情があったので、気持ちの整理も兼ねて個人的な話を書いてみる。

 

 

身内に起こった悲しいこと

あまり詳しくは書かないけど、身近な親類で不慮の事故が起きた。それが9月末。事故は突然起こるものだけど、まさかと思うほど身近な家族にまさかと思うような事故が起こり、とにかく衝撃をうけた。

そして僕は通夜のために北関東に向かった。突然の事故で失った命。まだ30代…。残された家族はもちろん、集まった友人たちもみんな泣いてたけど、僕は涙だけでなく、ものすごい怖さがこみ上げてきた。『人は突然死ぬことだってある』という、ある種当たり前の事実を目の当たりにし、悲しみとともに恐怖心が湧き上がってきた。

お正月に数年ぶりに再会し、親戚で集まりみんなで山口県をドライブしたばかりなのに…。

 

 

仕事を淡々とこなすのが精一杯な日々

それから僕は自宅に帰り、平日は仕事の日々。今までは仕事の合間を使ってブログを書いたりSNSをしてたけど、とてもそんな気になれない。

それでも仕事はしないといけないから、人にも会わず耳栓をして淡々とこなすのが精一杯。

ブログは仕事じゃないしアホ話なんかを書いてたけど、そんなことを書く気にもなれず。かといって悲しい悲しいということばかり発信する気もしないから、結局更新がすっかり止まってた。気持ち的には【自粛】という感覚もあった。

 

 

自粛することだけが全てじゃない

人の死はやっぱり悲しいし、『まあいっか!』とはならない。僕よりもっと身近な、残された家族はとても辛い。でも少しづつ前向きに進み始めてるのを見聞きし、僕も

『自粛って感覚はなんか違うよな』

と考えるようになった。弔う気持ちを持って過ごすことは大切だけど、すべての行動を制限する必要はないはず。

そう気持ちを切り替え、最近は友人と会ったりして自分なりの毎日に戻れた感じ。

 

 

ブログはライフワークみたいなもんだから、マイペースに続けよう

僕にとってネットは大好きなもので、ブログやtwitterというツールもすごく好き。趣味というかなんというか、ライフワークみたいな感じ。

だから、今後も今まで通りマイペースに、書きたいと思うことを好きに書こうと思う。

 

人からすればたった半月かもしれないけど、(mixiやフェイスブックやらtwitter入れたら10年近く)毎日のようにネットで発信してた(ボヤいてた?)身としては結構時間が空いた感覚があるし、何より事故直後は1日1日がとても長く感じてた。

この半月、本当にいろんなことに思いを巡らせたこともあり、今後は発信のペースや内容は変わるかもしれないけど、まあとにかくマイペースに行こうと思う。

 

 

と、自分なりの考えの整理も兼ねて書いてみました。