読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

再起動戦士はなろぐZ

ウェブ屋の思考整理が主な雑記(サイト制作や集客のお手伝いしてます)

MENU

ベースギターの1人スダジオ練習は苦行だけど学びも大きい

f:id:odbc:20160702092041j:image

昨日、初めて1人でスタジオを借りてベースの練習をしてきた。料金は1時間500円+ベースレンタル1時間100円を2時間、合計1,200円。初体験を経ての雑感メモ。

 

 

自分の下手さを目の当たりにし、30分で帰りたくなった 笑

これまで友達と3回、スタジオで練習してきた。自分が全然出来てないのは分かってるんだけど、友達のギターが上手いのでなんとなく【できてる感】を味わってた。

 

でも今回、1人で入ったらあまりに下手すぎて凹んだ。30分で帰りたくなったよ。笑

でも途中で帰っても色々もったいないし、気を取り直してガムシャラに練習!最後の40分くらいはイエモンのサイキックNo.9をスピーカーから流して延々ループし、ひたすら合わせて弾いてみた。腕疲れたぁ。プロってやっぱすごい。

 

 

振り返れば学びの多い2時間だった

挫折感というと大げさだけど、自分の下手さを目の当たりにして凹んだけど、振り返ればとても学びが多かった。

 

学びその1 大音量に慣れてきた

これまで友達とスタジオに入った時、ついついベースの音量を控えめにしてた。普段は近所迷惑にならないよう小さい音で練習したり、ヘッドホンでしてるから、どのくらいまで大きくしていいかわからず控えめ。でも今回、途中からヤケクソになり爆音で練習。だいぶ楽しかった。笑

 

学びその2 誰かに聞かれてるかも、という緊張感を払拭できた

今回スタジオの外には人が数人いた。で、スタジオの外にどのくらい音が漏れてるのかわからず、最初のうちは

『下手な演奏を聞かれて笑われてたら嫌だな…』

という、まるでカラオケに初めて行った高校生のような心境。笑

だから失敗したらすぐ止めたり、妙に硬くなってた。

でも途中でヤケクソになり大音量で流し、ミスっても終わりまで弾き続けるのを繰り返すうちに

『ワイは下手やから練習してるんやでっ!!!!』

っと自分に言い聞かせることができた。おかげで思い切り弾けるようになったから、これは地味に結構大きい成果かも。

 

学びその3 機材の扱いに少し慣れた

いつもベテランの友達と行くから、各種設定は任せっきり。でも1人だとすべてを自分でする必要がある。

初めて行くスタジオだったからアンプもいつもと違うし、iPhoneの音源を流す機材も最初はどれかわからなかった。そのあたりを色々触れたのは良かったと思う。

 

 

まとめ:スタジオを借りて1人で練習するの、超オススメ!

初めてってことで予約するのすら(スタジオのスタッフはテンション低い人が多いから)緊張したけど、1人練習して本当によかった。

 

自宅での練習だと気付かない、自分の下手さっぷりを目の当たりにして嫌になったけど、それも大切だと実感。やっぱそういうのの積み重ね。

同じ曲を問答無用でリピート再生し、ひたすら弾き続けるってのもスタジオならでは。(家だと途中で嫌になるけど、スタジオは時間制限あるから頑張れる)

ヤケクソになれたのもよかった!

 

個人練習のプランだとたいてい1時間500円くらいだし、僕みたいな初心者の人で

『なかなか一緒に行ける人がいなくて…』

なんて悩んでる間に、思い切って1人で行ってみるのオススメっす!

 

 

あ、1つだけ愚痴るとすれば、今回のレンタル機材が少し錆びたariaの超入門機だったこと。笑

▼これ

 

小さいスタジオだし、レンタル料100円だから文句言うつもりないけど、せっかくならフェンダーとか使ってみたかった。笑