読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

再起動戦士はなろぐZ

【ウェブ集客】で【稼げるサイト】に再起動するのが得意なウェブ屋が書いてる雑記

【日々再起動中】ウェブ制作やライティングが本業の個人事業主ブログ
仕事の依頼はこちら≫
MENU

自分でホームページを作り初めて通販で売れた時の喜び

考え方・思うこと、仕事の話 記事一覧
スポンサーリンク
HIPHOPなLINEスタンプ発売中

f:id:odbc:20160701143600j:image

今から12年くらい前、古着屋の店長をしてた。と言ってもアルバイトだけど。オーナーと僕、それともう1店舗の店長という3人だけのお店。その3人の中で僕だけがインターネットをしてて、簡易なホームページくらいなら作れる技術を持ってた。

 

 

オーナーに直訴し、パソコンとネット環境を整備

オーナーは当時で30代半ばだと思うけど、

『パソコンなんてわからん!!』

っと、きっぱり言い張るタイプ。2002年頃だし仕方ないけど、僕は絶対ネットが普及すると思ってたし、ネット通販の可能性に興味があった。

 

そこでオーナーに

『僕がホームページを作ります!通販機能も用意します。すべて無料サービスでまかないますから、パソコンとネット環境を用意してください!』

と直訴。無事用意してくれた。

 

 

ホームページは無料スペースのジオシティーズに開設

オーナーは無駄に経費がかかるのを嫌がってたから、ジオシティーズ(懐かしっ!)のフリースペースにホームページを作ることにした。

僕の制作ノウハウは完全に独学。高校生の時にネットに出会いハマり、趣味サイトを作ったりしてた感じ。

 

そんな独学な状態ではあったけど、とりあえずは情報発信できるホームページが出来た。記憶にある限り、かなりダサかったと思う。笑

 

 

SEO本を片手に勉強の日々

SEOについてはほとんどノウハウを持ってなかったので、本屋でSEO本を購入。

販売のかたわら、お客さんがいない時はひたすら読んでた。そして学んだ内容をジオシティーズのホームページにぶちこみまくった。

 

 

teacupのショッピングモールに出店

当時、すでに楽天があったかは覚えてないけど、とにかく金はかけられない。そこで見つけたのがteacupというサイト。

ここはレンタル掲示板やらチャットサービスやらを提供してるサイトで、その中に無料で使えるショッピングモールがあった。

楽天の超ショボい版みたいなもんだけど、カート機能が付いてたし、使い勝手も悪くない。(ただしSEO対策とかはほぼ出来ない)

 

そこで、このショッピングモールに出店し、SEO対策を施したジオシティーズのサイトから送客することにした。

 

 

SEO対策がバッチリハマり上位表示!でも売れない日々…

SEO対策の勉強をすればするほど楽しく、気がついたら【古着 通販】なんていうビッグワードで上位表示されてた。

ジオシティーズのサイトにはそれなりにアクセスが増え始め、

『ホームページ見てきました!』

なんてお客さんもチラホラ。でも肝心の通販は全く売れない。

 

デジカメも買い揃えて工夫をするも、全然ダメ。悔しい日々が続いた。

 

 

突然のメール通知!やっと売れた!!!

確か3ヶ月は何も売れなかった。オーナーはもともと懐疑的だったこともあり

『花ちゃん、売れへんなぁ。パソコンとネット、勉強代やな。諦めよか』

という話も出てたりした。

 

それでもなんもか引き延し、いろんな試行錯誤をした。

古着だから隅々まで状態をチェックし、少しのシミでも隠さずにどアップの写真で説明してた。当時はネット通販がマイナーだったこともあり、

『送料は電車賃と思ってね♪』

なんてことを書いたりもした。(この表現はやけにオーナーにウケた 笑)

 

そんなこんなで3ヶ月ほどたったある日、【チ〜ン!】という、メールの通知音が店内にこだました。フリーソフトの通知アプリで電光掲示板みたいに件名が表示される。そこには

【注文が入りました】

の文字!!ちょうどオーナーもお店にいたので

『おおーーーー!!!キターーー(゜∀゜)ーーーー!!!!!』

と叫び、ハイタッチ。速攻で在庫確認をして梱包し、そそくさと郵便局に持って行った。

 

あの時は本当に嬉しかったなぁ。その後はボチボチながらそれなりに注文が入るようになった。

 

 

あの体験は僕のルーツ

現在僕はウェブサイト制作やサイト運営のサポートをフリーランスとしてやってる。そして最近ではビジネスにブログを活用する集客術の勉強会なんかもしてる。

 

そんな今の活動のルーツは、まさにあの古着屋での試行錯誤と売れた時の感激だと思う。

 

 

結局、喜んでもらえたら本望

僕はオーナーを喜ばせたい気持ちが1番大きかった。ネットの可能性を肌で体験してほしかった。それを思うと、今の仕事の原動力は

『花ちゃんのおかげでネットで新しい集客や繋がり出来たわ!ありがとう!』

って言ってもらうことなんだろうなぁと思う。

 

そんなこんなで僕は今後、作って終わりじゃなく、運用方法をレクチャーしたり、一緒にホームページを作るスクールなんかをしていく予定。自作して自分で運用し、そこから反響があると凄く楽しいから。

 

今月で33歳になるけど、チャレンジをやめずに変化を楽しみたい。