読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

再起動戦士はなろぐZ

人生再起動中のメガネ野郎が書いてる日記

人生再起動中のメガネ野郎が書いてる日記
MENU

何事も【自ら学ぶ姿勢】がないと上達しない件

32歳からベースギター始めました。 記事一覧 考え方・思うこと、仕事の話
スポンサーリンク
HIPHOPなLINEスタンプ発売中

f:id:odbc:20160627180428j:image

『教えてもらえば上手くなる』って思ってる人とよく出会う。確かに習えば0よりは上手くなるかもしれないけど、やっぱ基本的に【自ら学ぶ姿勢】がないと上達しない。僕はそう思う。

※冒頭の写真、どう良いことがあるのか知らんが、子供が上手いこと撮影。

 

 

受け身じゃ成長しない

仕事は出来ないのに趣味はプロ並み、って人が時々いる。僕はあれがまさに答えだとお持ってて、いかに物事に対して積極的かってことが大切。

【好きこそ物の上手なれ】

まさにこれ。趣味は楽しくてのめりこみ、もっと上手くなりたいって思うから自然と努力するし継続も出来る。そして上達していく。

 

受け身の反対語はないらしいから、受け身=受動的ってことで、その反対、能動的じゃないと上達しない、これは僕なりの経験から確信してる。

 

 

教えてもらう=何もしなくても上達する、とか思ったら終わり

僕はウェブ制作の仕事をわりと長く携わってて、数年間は子会社の代表という役割をもらったりしてた。小さな子会社だったので僕も制作をしつつ、面接をしたり育成をしたりしてた。

その中でとても多かったダメなパターンが

『教えてもらってないので出来ません』

という人。

確かに会社独自のことなら仕方ないかもしれない。でも、Photoshopの基本的な使い方など、少し調べれば分かることも『教えてもらってないので…』と平気な顔で言う。しかも何ヶ月経っても。

あげく、

『教えてもらったけどイマイチわからない。また最初から教えて欲しい』

を繰り返す。そういう人は1年持つかどうかで去っていく。

 

教えてもらわないとできない、教えてもらっても出来ないからまた教えて、こんなことを何度もいう人はたいがい自分での勉強をしてない。よくて参考書を買って積読して満足してる。

 

 

出来る人は自ら調べ学び、早く失敗をする

僕が見てきた人の中で、その後すごく活躍してる人が数人いる。その人たちに共通することは

【能動的に物事に取り組む】

ということ。つまり自ら積極的に学ぶし、学んだ技術を未熟ながらにどんどん表に出す。

 

例えば新しいデザイン技術を学び始めた場合、個人的なブログで公開したりする。すると

『下手だなぁ』

みたいな、匿名のコメントがついたりする。でもそれで諦めずにさらに腕を磨く。こういう人は上達が早いし、自分で考えながら取り組んでるから何かと応用力がある。

 

 

変化に強い者が生き残る

『最も強い者が生き残るのではなく、
最も賢い者が生き延びるでもない。
唯一生き残るのは、変化できる者である』

ダーウィンのこの言葉は真理だと思ってる。

 

肉体的な強さより、学問的な賢さより、自分でアクティブに学び、応用力があり、さらに変化を楽しめる奴が結局は生き残るだろうし、結果を出す。

いや、大きな結果は出さずとも、しぶとく生き残り続けると思う。

 

僕も30を超え子供もでき、どこかで守りに入ってるように感じる時がある。でも、今ここで過去に執着し変化を拒んだら終わるような危機感がある。

今年も6月が終わる。時間が過ぎるのは思ってる以上に早い。長い目なんかもてないけども、変化を恐れず能動的に生きたい。(実は今から、初めて会う人もまじえジャズ系のベースセッション。ベース10ヶ月の超ペーペーなのに、ちょっと攻め過ぎた感が否めなくて胃が痛い…orz)