読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

再起動戦士はなろぐZ

人生再起動中のメガネ野郎が書いてる日記

人生再起動中のメガネ野郎が書いてる日記
MENU

WordPressを使ったホームページ制作教室をやりたい

記事一覧 考え方・思うこと、仕事の話 ブログ集客の話
スポンサーリンク
HIPHOPなLINEスタンプ発売中

f:id:odbc:20160620143815j:plain

ここ数年、ず〜っとぼんやり考えてる【ホームページ制作を教える】という事業。最近またその思いが強くなってるし、思考整理も兼ねてここにつらつらと書いてみる。

 

 

デザイナーを育てる、的なことではなく小さな会社やお店の人に手作りしてもらうウェブ制作 

ホームページ(ウェブサイト)の制作教室というのは、ウェブデザイナーを育てるための教室・スクールってことじゃない。そういうとこはいくらでもあるし。さらに、僕自身がかなりの独学なのでデザイナーを育てるのに向いてないと悟ってる。笑

デザイナースクールとかではなく、小さな会社やお店、個人事業主の方にワードプレスを使った、更新がカンタンな仕組みのブログベースのホームページを、自身で作ってもらうというスクール。

僕は独立前からずっと小さな会社やお店のための小規模サイトの制作が好きで得意

 

 

同じようなスクールはすでにあるけど…

そういう事業をしてる制作会社もチラホラあるし、パソコンスクールなんかでも『ホームページ作成講座』なんてものがある。

で、そういうサイトを見てみるとたいていはFireworksやPhotoshop、Illustratorでデザインし、Dreamweaverを使ったコーディングを行う。これらはプロも使うアプリケーション。ゆえにスクール料金も高い。(高額なアプリケーションも買う必要もある)

僕はこれがずっと疑問だった。確かにプロが作るときはそれらのアプリは必要だし、プロ養成スクールならそのカリキュラムでいいと思う。

でも、ウェブ制作者としてプロを目指してるわけでもない、ただホームページが欲しい人にとってそのカリキュラムが必要なのかな?と言う疑問。

50ccのスクーターでも事足りるはずの人にハーレーの乗り方教えてる(ハーレーも買わせる)くらいに違和感を感じる時もある。

 

 

ワードプレスを中心に、コーディングもデザインもほぼ不要なホームページ制作教室

ホームページというのはあくまでツールでしかないし、結び目を作るめの媒介。

特に、小さな会社やお店、個人事業主にとっては情報発信が中心になる。大企業のようにデザインをしっかり作りこみ、お金をかけてブランディングするというより、自分のところのサービス内容などをしっかり発信したり、ブログ機能で日々の実績紹介や考えなどを発信するべきだと思う。(それが必然的に分ブランディングになるし)

これに関しては僕自身、このブログで好き勝手書いてる中で仕事の相談などを頂くようになって、あらためて痛感してる。

 

そういう意味でも、いきなり無理にプロ用のツールをマスターする必要もないんじゃないかな?と。入り口としてワードプレスのテンプレートを活用し、なるべくデザインやコーディングという作業を省くことで、手頃な金額でカンタンに手早く立ち上げられたらいいんじゃないかな〜。

その先で本格的なデザインをマスターしたいとか、HTMLやらCSSを覚えたいってなってくれば学べばいい。

 

 

課題としては『手作り』という手間

とはいえ、デメリットや課題もある。それはウェブ制作を依頼する多くの人が求める部分。つまり

『自分で作るの難しいし時間もかかるから、作って。お金払うし』

ということ。スーパーのお惣菜や外食は『料理作るの面倒だな』って人の不便を解消してる側面がある。それと同じで制作会社に頼むのは手間を省くため、という一面もある。(もちろん他にもいろいろあるけど)

 

で、もうそれに関しては諦めようと思う。手間を省きたい、という人は対象外と割り切ることにするしかない。(というかそういう人はまず来ない)

 

 

自分のサイトに愛着を持ってもらうことで、良いサイトになる

デザインがいくら良くても運用が適当だと大した効果がないと実感してる。逆に、小さなお店のオーナーが自分で頑張って作った、少し素人っぽいホームページやブログの方が反響が多かったりする。

 

大手とかだと担当者もいて、愛着どうのなんて関係ないかもしれないけど、小規模な会社やお店はやっぱりサイト運営には”愛着”って重要。下手なりに自分が作ったサイトに自分なりの言葉で思いを綴り、そしてそこから反響がある、これってモチベーションの維持にも繋がるし商売としての収入にも繋がる。中身もオリジナリティがあるからとてもいいこと。

 

 

ホームページのハンドメイド、そんなイメージで出来ないかな〜なんて模索中

以上、ざっくりとした目標というか妄想というか、やってみたいことを書いてみた。アクセサリーなんかをハンドメイドすることで愛着がわき、大切に使ったり、褒められたらすごく嬉しかったりする。そういう感覚をホームページ制作・運用にも持ち込めないかなって思う。

ブログを書いてる人ってだんだん自分のブログに愛着が湧くってよく言うし、僕も愛着がある。だからホームページでもそれを再現出来ないかな〜って感じ。

 

まず金曜日に教室スペースを貸してくれそうな人に相談に行ってくる予定!