読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

再起動戦士はなろぐZ

【ウェブ集客】で【稼げるサイト】に再起動するのが得意なウェブ屋が書いてる雑記

【日々再起動中】ウェブ制作やライティングが本業の個人事業主ブログ
仕事の依頼はこちら≫
MENU

ベースギター耳コピの第一歩!独自トレーニング:耳チューニング法を紹介

記事一覧 32歳からベースギター始めました。
スポンサーリンク
HIPHOPなLINEスタンプ発売中

f:id:odbc:20160617101825j:plain

ベースを初めて10ヶ月くらい。タブ譜を見ながらたどたどしく弾くくらいになってきた。来週は初のバンド練習。とはいえ、僕はコピーバンドがしたくてベース始めたわけじゃなく、ジャムセッションとかを出来るようになりたい。

そのためにも耳コピやコード進行をマスターしたい。で、ふと思いついて実践してる初心者向けの耳コピトレーニング法を紹介。
※ようするに耳でチューニングできるようにするって話

 

耳コピの基本はベースの音を理解すること

耳コピが何かって言うと、ようするに耳で聴いて、それをそのまま手元のベースで再現すること。これが出来るとまず譜面を用意する必要がなくなる。そしてコード進行なんかも理解しとけばアレンジや即興もできるらしい。

 

タブ譜しか読めない!ってなると、どうしても譜面があるものしか弾けないし、セッションバーとかで飛び入り参加みたいなのはまず無理。タブ譜で数曲だけ覚えてあとは飽きて辞める、なんてパターンになりかねない。

 

でも僕は、ベースを一生の趣味に出来たらな〜なんて考えてるから、ぜひとも耳コピをマスターしたい。そのためにはまず、ベースの音を理解し、どこを押さえるとどの音がなるのかを体に覚えさせないといけないと思う。

 

 

耳だけでチューニングをあわせる耳チューナートレーニング!

『耳コピマスターしたいな〜』なんていくら呟いても、トレーニングしないことには身につくわけもない。

 

何かいい方法はないかと考えながら歩いてる時にふと思いついたのは

【耳チューナートレーニング】

ネットで調べれば同じようなアイデアがありそうだけど、せっかく自力で思いついたし、見ないことにしようと思う。笑

 

通常エレキベースをチューニングするときはチューナーを使う。ようはこれを耳だけを頼りに合わせようっていう、至極単純な話。

 

 

具体的な耳チューナートレーニングのやり方

ここからは具体的な方法。

開放弦の音を理解する

ベース弦は細い方(握った時の1番下)が1弦で太い方(握った時の1番上)が4弦。でもタブ譜などで見るときは上が1弦、下が4弦。

1 G(ソ) ーーーーー
2 D(レ) ーーーーー
3 A(ラ) ーーーーー
4 E(ミ) ーーーーー

 

これが開放弦の音。4弦からみてEADG、これを【い(E)え(A)で(D)ジー(G)っとする】という、謎な覚え方を教則本で読んだことがある。笑

 

で、ここで重要になるのが3弦A(ラ)の音。これはどんな楽器でも基本となる音なんだとか。

3弦A(ラ)の音を聴きまくって覚える

この3弦A(ラ)の音を起点に耳チューニングをするので、3弦A(ラ)の音を徹底的に聴きまくり体に染み込ませる必要が出てくる。

なので、まずは3弦A(ラ)の音だけチューナーで正確に合わせ、頭おかしくなるくらい弾いてみる。

3弦A(ラ)の音を起点にチューニングする方法

これはどこかのサイトで見たんだけど、下記の通りにすると3弦A(ラ)の音だけで正確ならチューニングできる。

3弦開放をA(ラ)にチューニング←1番重要!
4弦5フレットを3弦開放にあわせる
3弦5フレットに2弦開放をあわせる
2弦5フレットに1弦開放をあわせる

これ、文面にするとわかりにくいけど、ようするに5フレットを活用すると

1 G(ソ) ーーーーー
2 D(レ) ーーーーー
3 A(ラ) ーーーーー
4 E(ミ) ーーーーー

これにチューニング出来るってこと。

 

チューナーを使って正確に合わせた状態で

  • 4弦5フレットと3弦の開放を聴き比べると、まったく同じ音程。
  • 3弦5フレットと2弦開放を聴き比べると、まったく同じ音程。
  • 2弦5フレットと1弦開放を聴き比べると、まったく同じ音程。

という結果になる。(チューナーを接続しながらやればよくわかると思う)

ベースを触る時、まずペグをゆるめ毎回耳でチューニングする!

あとは”打つべし打つべし!”って具合に繰り返しやるしかない。

僕はベースを触るとき、毎回ペグをゆるめ耳でチューニングするように切り替えた。ただ、最初は難しいので3弦A(ラ)の音を耳で合わせたあと、チューナーで答え合わせ。

 

3弦A(ラ)の音が正しくチューニングできたら、残りの弦は答え合わせせず、耳の勘をたよりに全部セッティング。そして最後に答え合わせ。

 

今のところ、5分〜10分くらいかかるけど、ほぼ正確にチューニング出来るようになってきた。僕は事務所のデスク横にベースを置いてるので、仕事始める前に耳チューニングしてる。

 

 

最後に:ベースを楽しむためにもベースと友達になる

キャプテン翼世代なら

『ボールは友達!!』

という名言を知ってると思うけど、やっぱり何かに取り組む時、どれだけ好きになれるかだと思う。僕はウェブの仕事が苦じゃなく大好きなのは、単純にインターネットがずっと大好きだから。

 

同じように、楽器を楽しむなら、まずはベースのことを深く知り、大好きになりベースと友達にならないとダメだな〜って思う。

『まだ始めて一年以下のぺーぺーが何言ってんだ!』

って思われるかもしれないけど、何事においても真理じゃないかな。

 

とにかく、まだまだ耳コピなんて出来ないけど、きっと出来るようになると信じて練習中。

 

以上、今回の話が誰かの役にたてばすごく嬉しい。