読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

再起動戦士はなろぐZ

【ウェブ集客】で【稼げるサイト】に再起動するのが得意なウェブ屋が書いてる雑記

MENU

子供にゲームさせるかどうか問題:子育て・育児

記事一覧 子育て・育児、子供との銭湯記
f:id:odbc:20160604092616p:image
4歳の長男、最近ついにゲームに目覚めてしまった。トイザらスの一角に、子供用iPadのような端末があるんだけど、その中には知育アプリとともに【チャリ走DX】っていう、棒人間がチャリを漕ぐゲームが入ってる。


チャリ走に熱中し奇声をあげる息子…。

毎週、トイザらスにいこ!とせがまれ、自転車にのせて連れて行ってあげてる。

いつもは仮面ライダーベルトのオモチャをガチャガチャして楽しんでるのに、ある日息子が偶然そのゲームを発見。(iPadみたいなやつにすでに入ってるからもちろん無料で出来る)

チャリ走DX

チャリ走DX

  • Spicysoft Corp.
  • ゲーム
  • ¥120

それ以来、行くたび30分はゲームに夢中。失敗したりすると奇声を上げる始末。(僕は退屈きわまりないけど、Kindleで本読んだりしながら過ごす。)

ここで問題になるのが、子供にゲームをさせるかどうか、どのくらいさせるかってやつ。


僕自身、半分引きこもりくらいのゲームバカだった

こういう問題ってのはやはり自分の経験から考えることになる。

僕は今、全くゲームをやらない。アプリでもやらないし、プレステとかも持ってない。23歳ぐらいの頃から全くやらなくなった。

でも小学生の時は学校が終わるとずーっとゲームをしてた。兄が超ゲーム好きで、しかもSEGA派。家にはファミコンとともにメガドライブがあった。(兄はゲームが好きすぎて、ナムコだかコナミだかに入社しゲームを作る人になった。)

僕は小学生の頃はクラス1のデブでコミュニケーションがあまり得意じゃなかった。だから学校が終わるとまっすぐ家に帰り、ひたすらゲーム三昧。

たまに釣りに行ったりはしてたけど、とにかくゲームゲームゲーム。

我が家は放任主義だった。


ゲームを通して得たものも、たぶんある

僕は現在、ウェブ制作の仕事をしてる。でも昔はゲームを作る人になりたかった。(小学校の卒業文集にもそう書いた)

それもあって、わりと早い時期からパソコンにも興味をもったし、ネットに出会うのも早かった。

結果、ネット大好き人間になり、現在の仕事に繋がった。だから、ゲームをやりまくって頭おかしくなってたけど、後悔はしてない。

ゲーム以外をやってたら得られたこともあるだろうけど、ゲームに救われた面も確実にある。


で、子供にゲームをさせるか問題の、現時点での結論

僕として、ある程度好きにやらせようと思う。(4歳だとまともに出来るのないから、やるなら知育系に限定したいところ)

ただし、最近のゲームは昔のと違い、かなりグロいものや、ただただ課金させられる、頭を使わないようなものが多いと感じる。できればシュミレーションとかRPGみたいな、頭を使うゲームをしてほしいなぁ、なんて思う。

まあ、その辺のリテラシーなんかはもう少し大きくなり、周りの友達がテレビゲームを持ってたりする頃にまた悩みのタネになるだろうなぁ。

ゲームもマンガもダメ!みたいな家庭にはする気はないし、塾に行かせまくる気もない。

放任主義のもとに育てられた僕だから、こればっかりはどうにもならない。笑

一体どんな子になるのやら…。



ちなみに、スパロボシリーズが1番好き!ファミコンの第二次でどハマりした。

第2次スーパーロボット大戦

第2次スーパーロボット大戦