個人ブログでPV意識して書くの、バカバカしくない?

年賀状にもOK!ブロガーのためのポストカード発売中

スポンサーリンク
f:id:odbc:20160528092847j:image
ブーツィー・コリンズ(ベーシスト)「俺より上手いプレイヤーはたくさんいるが、俺みたいなヤツは他にはいない!
この言葉、最高にイケてる。仕事でもブログでも、なんでもこのモチベーションで取り組みたい。


ウケの良さやPVを意識して個人ブログを書くことのバカバカしさ

僕は一時期、ブログのPVに固執してた。まずは10万PVを目指そう!とか。で、【ブログ アクセスアップ】なんてのを調べてた。

【⚫︎⚫︎するための3つの方法!】のように、ノウハウ系を書きましょう。数字も入れましょう。

みたいなやつ。

これ、ビジネスブログを書くときには絶対的に意識するべきだなぁとは思うし、要点をタイトルにまとめるのは大切。(実際に、本業の方でブログ集客を手伝ってる案件は、タイトルやSEOを意識することで売り上げが3倍になってきた)


ただ、僕みたいに遊びで雑記ブログ書いてる人間がPVを意識しすぎると、とたんにつまらなくなる。


書く技術の向上は大切。でもPVなんて気にし過ぎないほうがいい

だって、本来日記なわけで、自分のために書いてるようなもの。中にはノウハウ的な要素もあっていいし、読み手に伝わりやすくする努力はいると思う。本当の日記とは違い、公開しているわけで、読んでほしいという気持ちはあるから、文章の勉強もしたりする。

でも、PVを意識し過ぎることはやめた。書き方も、ですます調をやめた。


アクセスアップや数字をアピールするブログはどれも似たり寄ったりで飽きた

やたら収益報告を書いたりPV報告を書いたり。そういうブログが増えた。僕も一時期してたけど、むなしくなってやめた。

だって、PVがいくらあるか、収益がいくらあるか、そんなことは読み手にとってはどうでもいい。

なんだか最近、ブロガー向けのブログが増えた印象で、似たようなことばっか書かれてて飽きたってのも大きい。
互助会?っていうのか、なんかお互いにブクマし合ってるのが透けて見えたブログは、いつの間にか読むのをやめてしまったり。

それと、『こういう批判記事を書いたらみんなから共感得るよな、フッフッフッ』という、したり顔でPV狙ってるようなブログも増えた印象。

ブログなんて自分の主義主張を発信したり、なんてことない日常を綴る、主観的なモノだと思う。
でも、なんだか【世の中の代弁者】にでもなったかのような、でも自分の意見は言ってない、顔の見えない記事が多いように感じる、匿名実名に関係なく。(自分のブログがその逆で、ちゃんと出来てる、とかそういうことではない)


自分のモノサシを持ち、自分の言葉で書くべき

冒頭のブーツィーの言葉、あれが全てだと思う。

PVというモノサシだけでブログの価値を測らないほうがいい。文章力や表現力、そういうものはどんどん磨けばいいけど、自分なりのモノサシを持ったらいいと思う。

最初は人のマネも大切だろうけど、やっぱり自分にしか出来ない表現を見つけることが大切。そんで自分なりに自信を持って
「俺みたいなヤツは他にはいない!」
って思えれば最高だよな、と。わたくしはまだいろいろな面で道半ば。


最後に:ビジネスブログやメディアはPVも大切

ここまでは個人ブログ、雑記ブログについて最近感じた話。ちょっと前まで面白かった個人ブログがPV狙いに走り始めたのか、急に面白くなくなったのが残念で。

ただ、PVなんてどうでもいいってことじゃない。仕事に繋げるようなブログやビジネスブログ、メディアサイトはPVが大切。視聴率みたいなもんだろう。

例えるなら、

個人の雑記ブログ=インディーズ、テレ東の深夜番組、ギルガメッシュナイト。

ビジネスブログ、メディアサイト=メジャー、ゴールデンタイムの番組、ドキッ!丸ごと水着!女だらけの水泳大会。


f:id:odbc:20160528095951j:image


終わり