再起動戦士はなろぐZ

なにごとも結果オーライ。気楽にいきましょーよ。

年齢を言い訳にし始めたらオヤジ/堀江貴文 『君がオヤジになる前に』

スポンサーリンク

f:id:odbc:20160515123842j:image

ホリエモンこと堀江貴文さんの著書『君がオヤジになる前に』の中に
「自分の頭で考えることをやめ、思考停止したら、もうオヤジ。年齢なんて関係なく、20代でも思考停止してればオヤジだ」
というような指摘がある。年齢を理由に新しい挑戦を諦めることについて思うこと書いてみた。

30歳過ぎたあたりから増える、牛野郎が嫌い。

 

 
 

何かをやろうとすると『もう歳だし』とかいうヤツ

モゥ俺アラサーだし、今更フットサルとか無理!』
モゥ自分、30過ぎたおっさんだから転職とかチャレンジ無理だわ』
 
 

うるせーーー。

こういう、何か行動する前に『もう**だから』と、やる前から諦める人が嫌い。モゥモゥって牛かようるせー、と思う。
 
 

始めないと始まらない。←当たり前だけど

なんでもやれば良いとは言わないけど、最初から諦めたらなんにも始まらない。
そしてちょうど僕らくらいの、いわゆるアラサー世代からぐっと牛野郎が増える。(1983年生まれ)
アラフォー、アラフィフ、その上の世代に友達が数人いるけど、バンド始めたり大学行き始めたり、モゥモゥ言う同世代よりアクティブ。
 

年齢を言い訳にし始めたら、もうオヤジ

ホリエモンこと堀江貴文 さんの『君がオヤジになる前に』という本に
「自分の頭で考えることをやめ思考停止したら、もうオヤジ。年齢なんて関係なく、20代でも思考停止してればオヤジだ」
というような指摘があり、深く頷いたことがある。

 

君がオヤジになる前に

君がオヤジになる前に

 

 

僕的には『もう歳だから』と、年齢を理由にチャレンジしなくなったらオヤジだと思う。実年齢が今より若くなることはあり得ないんだから、これから先も何もしない可能性が高い。

 

恥をかく場を持てることは素晴らしい

新しいことに取り組む時、失敗する恥ずかしさがある。さらに、年齢が上がるにつれ、職場でのミスも減り恥をかく場もなくなる。(ミスした下の世代にだんだん威張り出す)
 

たとえば30代とか40代でテニススクールに興味を持った時

「生徒さん、10代も居るのか…。下手なの見られたらカッコ悪いし、もう歳だし、やっぱ止めとこう」
と思い、一歩も踏み出さないか、
「10代も居るのか。下手なの見られたらちょっと恥ずかしいけど…、誰だって最初は初心者。とにかく飛び込んでみよう!
と、一歩前に出るか。
恥をかきすてチャレンジすることは結構勇気がいる。でも、恥をかける場があることはとても有意義だし、変に威張るオヤジにならずに済む気がする。自分の情けないところを人に見せ慣れると、威張るのがアホらしくなる。
 

チャレンジする人が絶対的に偉いとは思わないけど、チャレンジは素晴らしい

『願えば叶う!あとは行動するかどうか、それだけだ!』
みたいな、妙な自己啓発チックなことを言いたいわけじゃない。誰にでも向き不向きはあるし、チャレンジには失敗が伴う。だから、チャレンジしないことを全否定する気はない
ただ、年齢を理由にすぐ諦めるのだけは間違ってる。それは言い切れる。チャレンジは自己責任。だから失敗しても人のせいにしないことが大事。
 
それと、努力は報われる、とか思わない方が絶対にいい。
 

でも、時には逃げていい。というか辛いときは「逃げるチャレンジ」をすればいい。

僕は体育会系的なノリとか全然ないし、嫌なことはしたくない。というか、むしろガンガン逃げる。笑
 
▼就職してもすぐ逃げたw
 
言い訳ばかりして一歩も踏み出さず、不平不満や嫉妬にメラメラ燃えるのは勝手だけど、やっぱりチャレンジ精神を持つことは大切。
ただ、死にたくなるほど辛いときや、どうにも出来ない時は逃げていいと思ってる。
堂々と逃げる技術

堂々と逃げる技術

 

 この本の中に逃げられない人の特徴として 

周囲に合わせて生きている人に共通している特徴が、「自分は周囲の環境に影響を与える存在ではなく、環境からの影響を受ける存在」と考える傾向にあることです。つまり、「周囲」に対して依存している状態と言えます。

 

このような一節がある。すごいわかる。

周囲(小さな社会)に依存しすぎると逃げることができなくなる。そこが世界のすべてで、どこにも逃げ場がないと感じるから。

でも世の中は広い。逃げることを『次なる場所へのチャレンジ』くらいに思えばいいんじゃないか。逃げるというチャレンジ。

 

まとめ:もう年だから?いやいや、今日が一番若い

時間は前にしか進まない。つまり今日より明日の方が確実にジジイに一歩近づいてる。それなのに「もう年だから」と、年齢を言い訳にしても何も始まらない。

『時間は戻らない・前進あるのみ』ってことは、

今日が一番若いってことやん、素敵やん🗿

まあそんなわけで、今年34歳になるけど、守りに入らず仕事も遊びもチャレンジしていこうと思ってます。(まずはチヌの落とし込み釣り入門予定)