読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

再起動戦士はなろぐZ

【ウェブ集客】で【稼げるサイト】に再起動するのが得意なウェブ屋が書いてる雑記

MENU

地震:住んでいる場所の揺れやすいさと活断層をチェックする方法:朝日新聞デジタル

記事一覧 考え方・思うこと、仕事の話

f:id:odbc:20160419092711p:plain

自分の住んでいるエリアの地盤がどんな状態で、どのくらい揺れやすいのか?そんな情報をチェックするサイトをご紹介します。地震に備えるという意味でも、一度チェックされてはいかがでしょうか。(活断層データベースもリンクあります)

 

 

住所を選択すると地盤や揺れやすさをチェック出来るウェブサイト

今朝、佐々木俊尚さんがこんなつぶやきをしていました。

 

早速そのサイトを訪問してみました。

www.asahi.com

 

使い方はいたってカンタンです。チェックツール上部にて都道府県などを選択するだけ。

f:id:odbc:20160419093112p:plain

※僕は吹田市民ですが、細かい住所は伏せてます。

注意事項として

「大字・町丁目位置参照情報 (2011年版) 国土交通省」をもとに作製。市町村合併が反映していない部分もあります。

とのことで、うまく表示できない地区もあるかもしれません。

 

ちなみに、僕のエリアは丘陵という区分で比較的揺れ難い、硬い断層らしい…と思いつつ、熊本県益城町周辺も見たところ、それほど吹田市と揺れにくさは変わりありませんでした。(益城町赤井のみ、特に揺れやすいと出ました)

 

 

揺れにくいというエリアでも、今回ほどの大きな揺れだと大きな被害を生む。震源になるかどうかが問題

僕の住む吹田市のエリアは1.11という数値でした。それに対し、益城町周辺は0.8〜1.3程度。(赤井のみ2.04)

これは数値が0に近いほど揺れにくいということです。

 

つまり、日本各地、どんなエリアでも十分に大きな被害の可能性があるということ。

 

問題は地震の震源地になる要素があるかどうか、断層があるかどうか、ってことになりますが、南海トラフなど日本各地に活断層があります。

産総研:活断層データベース(わかりやすいです)

活断層とは何か|国土地理院(活断層とはなにか?について)

 

 

最後に:現状把握が備えの第一歩

不安を煽る気も全く無いですし、揺れやすさを知ったからと言って出来ることは限られてるかもしれません。ですが、一度チェックしておくことで、現状を把握できますし、引っ越しも含めた備えなどの役に立つのではないでしょうか。

揺れやすい地盤 災害大国 迫る危機:朝日新聞デジタル

 

 

自家の住所(山口県下関市内)で調べたところ、

f:id:odbc:20160419094923p:plain

こんな判定でした…。

 

海がかなり近いため不安ですが、怖い怖いと言っても始まりません。水分などを確保するように話そうと思います。(幸いにも、大きな活断層がそれほど近くにはないのがせめてもの救い→活断層データベース

 

 

一刻も早く収束・復興することを願いつつ、僕に出来ることとして募金をさせて頂きました。

hny.blkt.net