読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

再起動戦士はなろぐZ

人生再起動中のメガネ野郎が書いてる日記

人生再起動中のメガネ野郎が書いてる日記
MENU

マーケティングだブランディングだって言ってる人が『いいね!』依頼を無作為に送っててビビる

記事一覧 ブログ集客の話 考え方・思うこと、仕事の話
スポンサーリンク
HIPHOPなLINEスタンプ発売中

f:id:odbc:20160307163427j:plain

結構前から気になってたんですけどね。facebookで『**さんが新しく作ったページ「***」ヘの「いいね!」をリクエストしています』ってくるアレ、なんなんですかね。

 

 

いいね!のリクエスト自体は別に良いんだけど…

リクエストすることは別にいいんです。作ったページをみんなに知ってもらいたいのは当然でしょうし、友達としてつながってるから【このページ、花屋くんの趣味に合うかも】ってな具合で知らせてくれるんであれば凄く嬉しい。

 

でも、僕が毎回「?」って思ってしまうのが

 

なんの説明もなく、ただリクエストだけしてくる人

これなんですよね。普通、こういうのリクエストするならメッセージとかで説明すべき。

『これ、花屋くんも興味あると思うから、よかったらいいね!してみてね。』

って一言添えてくれれば、考えなくもないです。(本当に興味があるもの以外は友達からのお願いでも断るけど)

 

でもほぼそういう相談はないですね。そしてよく分からないリクエストだけ届きます。(ちなみにこれはイベント招待でも全く同じことがよく起きる)

 

※メッセージを見落としてるのでは?って話もありますが、フィルタ済みフォルダなども定期的にチェックしてますが、やっぱり来てない

 

 

マーケティングとかブランディングとかを熱心に語ってる人がそういうことしててビビる

100歩譲って、よくわかってない八百屋の大将がたまたま僕の友達で

『**八百屋店のfacebook』にいいね!をリクエストして来たら、まあ仕方ない気もします。

 

でも、圧倒的に多いのがコンサルタントと名のつく肩書きを持つ人達。そういう人って

『マーケティングとはターゲットを絞り…』

『ブランディングはしっかりしたコミュニティを育て…』

とかブログとかFBに書いてるのに、こういう時は無作為にぶち込んでくるんですよね。

 

『なんだよ、結局効率的に、少しでも楽に数を稼いだらどうにかなると思ってんのかよ』ってげんなり。

 

 

facebookページやコミュニティって数よりも濃さの方が大切

数が多いに越したことはない、っていうのは分かってます。宣伝効果って意味では数が多いほうがリーチが増えるし。

でも、facebookページやコミュニティって本当にその中身が好きな人が集まる方が楽しいじゃないですか。特に最初のうちは。

 

釣りに興味の無いやつ100人集めて『釣り糸の結び方!』とかって流すより、釣り好きを10人集めて『もっとも強いPEラインの結び方はどれだ!?』とかした方が盛り上がるでしょ。

 

口コミってそうやって、本当に好きな人が情報に触れて『うわ、ここ面白い!釣り仲間の**くんにも教えてあげよう!』ってなるわけで。だから僕は一斉送信とか、ひたすらフォローしてフォロー返し狙いみたいなテクニックは好きじゃない。

 

そういう濃さを保ちつつ、数が増えていくことが望ましいんじゃないかな〜と。僕も今、コミュニティ作りで試行錯誤してますが、あまり焦りすぎずやろうと思ってます。

 

いずれにしても、相手の事を考えずにテンプレートな文面やリクエストだけをただ大量に一斉送信した集客なんて、本当に意味ないっすね。