読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

再起動戦士はなろぐZ

人生再起動中のメガネ野郎が書いてる日記

人生再起動中のメガネ野郎が書いてる日記
MENU

『ブログは誰か1人に向けて書くといい』を実感した話。

記事一覧 ブログ集客の話 考え方・思うこと、仕事の話
スポンサーリンク
HIPHOPなLINEスタンプ発売中

f:id:odbc:20160218091750j:image

酔っ払って帰ると毎回、なぜか夜空と街灯を撮影するクセがあります。そんな僕ですが、勉強になるなぁ、と感じたブログがありました。

 

 
 

誰か1人に向けて、手紙を書くようにブログを書く

ブログだけではないですが、何かを伝えるとき漠然と話したり、より多くの人に!って思いながら喋ると伝わらないものです。
 
むしろ逆に、友達に向かって伝えるくらいの方が共感を呼ぶことがあります。
 
これが分かりやすい表現かなと思います。
ひとりに向けて書いた場合はピントがひとつに絞られます。この場合、ピントから外れてしまった人に読まれないのではないか、という懸念が生じるでしょう。

でもそれは逆で、誰にでも当てはまるように書いた文章のほうが読まれる確率は低くなります。読まれたとしても、さらっと流し読みされる程度。なぜなら、すべて自分にとって関係のない “他人事” に見えてしまうからです。

 

 
 

僕のブログ記事に対してアンサーブログを書いてくれた、あきばはらさん。

『1人に向かって発信する』ということを僕自身に向けたしてくれた方がいるんです。
 
その記事がこれ
 
嬉しい!ありがとーございます!
 
▼文末にもありますが、この記事へのアンサー
(ちょっと最近テンションが落ちてるんですよね〜。まぁ、そんなときもありますわな。)
 
1人に向けて書くってのは頭でわかりつつ、なかなか出来てません。特に最近は気分が落ちてて、なんだか自省的なものが多かったんですよね。
 
 

自分のやり方、在り方を見直そうと思う

でもこのアンサーブログでテンション上がりましたし、きっとあきばはらさんのこの記事は多くの人に読まれるはず。
 
今回のアンサーブログのおかげで、自分自身の書き方や取り組み方を見直すいいキッカケになりましたし、勉強になりました。ほんとありがとーございましたっ!
 
あきばはらさんはブログ開始時期が近いんですが、すごく素敵なブログで勉強になります。(いいブログ過ぎてたまに嫉妬してますw)