読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

再起動戦士はなろぐZ

【ウェブ集客】で【稼げるサイト】に再起動するのが得意なウェブ屋が書いてる雑記

『売れるサイト』に再起動するのが得意なウェブ屋が書いてる雑記
ウェブ集客の相談はこちらから≫
MENU

10年後も楽しく過ごせるライフスタイルとお金の本質について考える今日この頃。

考え方・思うこと、仕事の話 記事一覧 投資、お金の話
スポンサーリンク
HIPHOPなLINEスタンプ発売中

f:id:odbc:20160211065943j:image

▲子供が撮影した、たなくじ。
占いとかおみくじに興味はないけど、どうせ見るなら大吉の内容しか見ません。

 

 
さらに、占いを見てしまった時は(それが何座でも)1位の内容を自分に当てはめます。笑
 
そんな僕は、10年後楽しめるライフスタイルはなんだろうって考えてます。
 
 
 

10年後食えない仕事、食える仕事を考えることも大切

2000年代に入ってからの10年間は怒涛の勢いで変化してきましたよね。ネットの普及から始まり、携帯電話の進化、そしてiPhone革命。
 
この変化によって消滅したり、かなり縮小した仕事や分野は多数あります。ロボットや人工知能の進化もこれからさらに加速しそうですね。
 
 

デジカメの栄枯盛衰

デジカメなんて象徴的で、90年代頃はフィルムカメラを駆逐し、完全にデジカメシフト。一家に一台って感じすらありましたよね。
 
そんな時代が10年くらい続いたのち、iPhoneを始めとするスマホの登場で一気に『デジカメ?スマホのカメラで良くね??』ってなノリに変わり、もはや壊滅状態。
 
f:id:odbc:20160211084855j:image
 
 

破壊はどこから起きるか予想が難しい

そういうのを見るにつけ、やはり10年後も食えるかどうかは考えるべきだとは思います。でも、デジカメの場合もそうですが、全く予想だにしない方向から市場が破壊されるんだなぁ、と思います。
 
2000年の時点でiPhoneみたいなものを構想し、さらにそれがデジカメ市場をぶち壊すなんて想像してた人、いるんですかね。
 
今現状のテクノロジーの延長線上からの予測意外は難しいんですよね。なので、現在の延長線上での『10年後食えるかどうか』を考えるのが限界だったりします、僕の脳みそだと。
 
 

ホームページ制作という仕事は無くなると予想してます

ちなみに、僕は自分の本業であるホームページ制作に絡むウェブデザイナーという職業は10年以内に無くなるか、もしくは今とは全く違う業務内容になると予想してます。なのでそれを踏まえ今から準備を進めてます。(その辺のことはまた別で書きます)
 
 

10年後も楽しめるライフスタイルについて考えたい

10年後食えるかどうかも大切なんですが、それよりも10年後も楽しく居られるライフスタイルを考えたいんです。
 
ライフスタイルというと抽象的ですが、ようはどんな生活を送り、どんなことをしたいかって感じです。
 
お金を稼ぐことが全てじゃない、なんて言いますが、実際お金はいりますよね、現在の社会の仕組みの場合。
 
で、お金を稼ぐって本質的になんなのかって考えたほうがいいと思うんですよ。お金はただのお金じゃないんですよね。
 
お金は信用(クレジット)を具現化してるツールなんです。
 
ってことで、今回はこのくらいで。次回は『信用の面積を広げると10年後も食っていける』って話書きます。
 
 
 
▼ちなみに、お金のこれからについてはこの本を読み学び考えました。難しいけど、良書です

 

 

 

21世紀の貨幣論

21世紀の貨幣論