ハナログッド:hanalogood

冗談半分または半分冗談で生きてる人のブログ

映画:ペイフォワード/今もらってるモノは未来の誰かに返そう

スポンサーリンク

f:id:odbc:20160201230455j:image

帰り道。寒いっすねぇ。

 

 

今もらってる優しさは次の人へ。ペイフォワード的な。

僕はギブアンドテイクって考え方、好きだけど微妙に嫌い。
 
いや、嫌いというか『ギブアンドテイクだよな』って言いながら、何かを誰かに提供(ギブ)する人って、自分への見返り(テイク)をあらかじめ求めてることが多いんですよ。テイクありきのギブみたいな。
 
だから返ってこなかったら
 
『やつは恩知らずだ!親切にしたのに!』
 
っとかなる。
 
けど、ペイフォワードって考えで生きてたら楽なんですよね。『先に渡す』ってだけ。
 
▼この映画はイイ(ただし、エンディングは嫌い)
※ペイフォワードってのは、見返りとかどうでもよくて、リレーみたいに『親切のバトン』をどんどん先に渡していくもの。螺旋階段的な。
 
 
 

いま優しくしてくれている人には最大限の感謝を伝え、次の人たちへ優しくしたい

キレイごとみたいだし綺麗事。
 
でも思うのは、
『優しくしてくれた人への恩返し以上に、そのマインドを次に伝えること』
が大切だと思うんです。
 
先輩に優しくされたら後輩にも優しくして
 
『お前の後輩にも、優しくしろよ』
 
って言えるやつカッコよくないですか??笑
 
僕の周りには、僕自身に学びや優しさを与えてくれる年上の人がたくさんいます。
 
この人たちに学びとかアレコレを返すことは難しい。
 
だから僕は最大限のお礼とリスペクトを返しつつ、
『この人たちに受けた恩を、次の世代に、自分なりに渡そう』
と決めてます。
 
すごく簡単に言えば、先輩に1万円おごられたら、先輩におごり返すんじゃなく、次の後輩に1万2千円くらいおごる感じ。(ちょっと見栄はるw)
 
非・体育会系なりの憧れなのかも。笑