読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

再起動戦士はなろぐZ

【ウェブ集客】で【稼げるサイト】に再起動するのが得意なウェブ屋が書いてる雑記

『売れるサイト』に再起動するのが得意なウェブ屋が書いてる雑記
ウェブ集客の相談はこちらから≫
MENU

電源不要でエレキギター&ベース演奏する方法:iRig+iPhone+外付けスピーカー&GarageBand(ガレージバンド)

32歳からベースギター始めました。 記事一覧 商品レビュー
スポンサーリンク
HIPHOPなLINEスタンプ発売中

f:id:odbc:20160127140628j:image

とある実験をしてみたくて友達にiRigという道具を借りました。これ、iPhoneやiPadとエレキギターやエレキベースを接続し、GarageBand(ガレージバンド)などの音楽アプリを使って録音したりするためのオーディオインターフェース。

 

 

 

iRigというオーディオインターフェイスを使うとiPhoneをアンプ代わりに出来る

通常、エレキギターやベースを鳴らす時、アンプを通さないと鳴りません。

 

▼僕が使ってるのはこれ

 でももっと気軽に練習したいなぁって時や、録音したい時に便利なのがiRig。

接続もカンタン。この動画みれば一発でわかると思います。

www.youtube.com

 

現在は2が出てます。

 

iRig自体にイヤホンジャックがついてるのでここにイヤホンを挿し、GarageBandなどのアプリを立ちあげればすぐ使えます。

 

で、前から気になってたのがこれを外付けスピーカーと繋げたら屋外で、しかも電源なしに演奏できんじゃねえか?ってこと。

やってみた結果、演奏できました!すんばらすぃ〜〜〜。春になったら友達とBBQしながら原っぱで演奏するつもりです。(周りの迷惑にならない程度の音量で。)

※ちなみに、iRigがイヤホンジャックに挿さってるのでBluetoothでは鳴りません

 

 

ベースギターをiRig+iPhone+外付けスピーカー&GarageBandで電源無しで演奏する方法

やり方は至ってカンタン。

接続に関してはさっきのとおりなので省きますが、音を聴くためのイヤホンを外付けスピーカーに変えるだけ。(僕はBluetoothのスピーカーしかないのでAUX端子を使い接続しました。)

 

アプリ側の操作がいくつかあるのでそちらをメモっときますね。

 

GarageBandを立ちあげ、ampを選択

f:id:odbc:20160127143940p:plain

GarageBand以外にもiRig専用アプリなども有りますが、今回はGarageBandで。

GarageBand

GarageBand

  • Apple
  • ミュージック
  • ¥600

 

アンプをBASS用に切り替え、モニタをONにする

f:id:odbc:20160127144214p:plain

端子アイコンをタップ

f:id:odbc:20160127154238p:plain

最初、音が出なくて困ってたんですが端子アイコンをタップしモニタをオンにすると聞こえてきました。(iPhoneにiRigを挿してないとモニタという項目は出てきませんのでご注意を。)

今回はベースで使うのでBassに切り替え。もちろんギターの場合はGuitarを選択。

 

 

アンプの音量などをこまく調整する方法

f:id:odbc:20160127144455p:plain

右上のつまみアイコンをタップすると細かい設定画面が出てきます。

f:id:odbc:20160127144526p:plain

iPhoneの音量をマックスにしてもあんまり音が出なくて『小さいなぁ。やっぱダメか〜』と思ったけど、ここのMASTERをマックスにしたら十分な音量が出ました。

 

その他、EQなども調整できます。便利すぎ。

 

エフェクターも使えます

f:id:odbc:20160127144656p:plain

エフェクターは右上の四角いアイコンを押すと出てきます。

 

「とりあえず音を鳴らす」はここまででOK

f:id:odbc:20160127144724p:plain

 

ギュインギュン楽しんでください。

 

 

音にこだわりたい人やノイズが気になる人には不向きだけど、外で音出して遊ぶには十分

今回は実験用ということでBluetoothスピーカーと繋ぐためのAUX端子は100円ショップのものを使いました。そのせいかはわかりませんが、やはりノイズは入ります。

ちょっといいの買うと違うのかな〜。

 まあでも、外で遊ぶって分には十分かなと思います。1番良い点はやはり電源いらずという点。

 

ちなみにアンプラグっていう、電池で動く超小型アンプも存在します。

 でもエフェクターや各種設定を考えても、今回のセッティグが1番楽ですね。安いし。(iPhoneの電池すぐ減ると思うから充電器は必須)

 

今回は事務所内にある電源駆動のスピーカーで試しましたが、外でやるならコンパクトモバイルスピーカーを使う予定。(AUDIO INの差込口があるやつをAUX接続)

こないだ試聴したら音が凄くよかったコレが欲しいなぁと思ってます。

 

これらを用意して、友達と演奏練習したいんですよね〜外で。絶対楽しいはず。そのためにも早くうまくなりたい!!

そして自分用のiRigを買わねば。 

 

 

番外編 やってみたい実験(分配ケーブルで出力出来るか試したい)

この記事書きながら思い浮かんだもう一つの実験があります。

それは【2音を1つのスピーカーで鳴らせないのか?】というもの。

 

1楽器に1スピーカーが必要だと思ってたんですが、よく考えたら2楽器を1つの出力にまとめて1台のスピーカーで鳴らせないのかなぁ、と。

 

探したらこういうケーブルがありました。

 

これのメス側にAUX端子を繋ぎ、スピーカーに接続。

残りのオス2つを各iRigに繋げばスピーカー1台で鳴らないんですかね?(ノイズ出そうだけど)

 

▼絵で言うとこんな感じ

f:id:odbc:20160127154657p:plain

 

iRig注文するときに分配コードも買ってみて、今度友達と試してみます!