読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

再起動戦士はなろぐZ

【ウェブ集客】で【稼げるサイト】に再起動するのが得意なウェブ屋が書いてる雑記

MENU

noteでの有料販売はファン離れ・読者離れに繋がるかもしれないと感じた話。

ブログ集客の話 考え方・思うこと、仕事の話 記事一覧

f:id:odbc:20160118091447j:plain

今年はnoteでのコンテンツ有料販売が盛んですよね。イケハヤさんやはあちゅうさん、そして大好きなメディア野郎 田端信太郎さんまでスタートしました。

 

 

セルフブランディング、自分メディアがまだ成熟していない人が有料販売をすることは読者離れに繋がるかもしれない。

これ、非常に難しいところですし、僕自身よくわかりません。なので感覚的で主観的な話だけ書きます。

 

まず、イケハヤさんやはあちゅうさん、そして田端さんなどはすでに自分メディアが出来上がっています。はあちゅうさんも書いてましたが、これまでネット上に無料でたくさんのコンテンツを生み出し、そしてファンが出来たからこそ、有料販売で成果を出しています。

 

これを、素人が真似をしても当然同じ結果にはなりません。

 

SNSやブログ上である程度フォロワーがいたり月間PVは数万PV(←うちもこの辺)というラインだと確かにある程度は売れるかもしれません。1万円とか。

 

でも、これって慎重に取り組まないと逆効果なんじゃないか?というふうにも感じるんです。

 

 

いくつかの有料記事を読んで思った『コレジャナイ感』とがっかり感

なんでこんなことを書いてるかっていうと、僕自身も有料販売にチャレンジしてみたいなぁと思ってて、そのためにいろんな人の有料記事を買ってみたんです。

 

確かに面白いのもあるんですよ。でもどこかの劣化コピーだったり『それ、あなたが言うの?』っていうくらいに言ってることとやってることが伴ってない。

 

なんというか、似非コンサルタントと似たものを感じるるんです。ビジネスもまともにしたことないし、結果も出てないただのニートが”経営コンサルタント”を名乗り『月商1億稼ぐ方法はこうですよ』って喜々として書いてるような感じ。(もちろん、これは例えなのでこんなクソみたいなタイトルのは読みませんがw)

 

これって短期的には数万円のお金になっても、結果的に読者離れとかに繋がるような気もするんですよね。本人は良い事書いてるつもりなんだろうけど、『ブログで無料公開する内容と大差ないじゃん。これで有料?釣り?』って思うものもしばしば。

 金返せ!と心でつぶやきながらブログの購読もやめましたし、実際。

 

 

ただ否定するんじゃなく、逆張りも考えたほうがいい

とはいえ、僕はnoteで有料化はクソだ!みたいなことを言いたいわけじゃないです。現に僕もチャレンジしたいと考えてるからこそ、少し慎重になってるわけで。

 

現状、雰囲気的に『どんどん有料化チャレンジしてみよう!』という流れがある中で『本当に有料化でいいのか?』と逆張りで思考実験したり『有料化は手段であって、目的はなんだっけ?』と、本来の目的を考えるべきです。

 

これまで無料が当たり前だった世界観の中で、トップの人たちが有料化に舵をきり少し成果が出ている現状、この波に乗っかるというメンタリティはいいと思うんです。

 

ただ、百戦錬磨の猛者が乗る波に経験値の少ないネットサーファーが乗れるのかって話。流されてどうしょうもなくなったら最悪です。

 

 

有料化はネットとの相性が悪い。ファンが増えてから有料化でも遅くないのでは?

特に、ネット世界というは多くの『サイレントマジョリティ』(物言わぬ多数派)と『匿名』で成り立ってます。さらに有料化はファン離れや反発が大きい。いろんなウェブサービスやアプリが有料化に舵を切り死んでいったりしてますし。

 

noteでの有料化をうまく活用し、無名から有名になる人も多少は出てくると思うんです。でも、それって相応のスキルがないと難しい。

 

だったらまずは足場を固めるためにも、お金を貰わずにファンというか読者というか、フォロワーを増やす方向に努力をすべきかも、とも感じます。

 

冷静に考え、ファンだったらブームかどうかは抜きにして有料でも買いますよね。本なんてまさにそういう感じ。noteの先行者優位説は少し疑問。文章ってそういうもんでもないよな〜っと。(メルマガだって後発組でもファン多い人多いですしね)

 

僕が今まで買ったnoteで元々ファンだったのは1人だけ。けんすうさんのみ。その他は実態を観たかったから、あえて無名と思われる方たちのを買いました。(田端さんもファンですが、就活生向けだったので買わず)

 

おそらく他の人も『ほう、こいつはどんなもん書いてんだ?』って興味本位で買ってるアーリーアダプター。この辺の人は判断もシビアなので何も言わず『ふ〜ん。この程度で有料化かよ。しょうもないな。もう読まないわ』って成ってる人かなり多いと思うんですよね。(僕もその口)

 

 

『じゃあお前はどうすんだよ?』って言われれば、コミュニティ作りに注力しようかなと。

最初にも書きましたが、これはあくまでも僕が感じてる主観ですし、半年後に『note最高!超売れまくり〜〜!!』って人が続出してるかもしれません。笑

 

それも含め、人それぞれやり方がありますので、今やってる誰か特定の人をディスってるわけじゃなく、実際に体験してみた全体的な感想です。

 

こんだけ書いといて『じゃあお前何するんだよ?口だけか?くっせぇ口だなオイ!』と言われたら、胃液で口がさらに酸っぱ臭くなりそうですのでどうするか書いときます。

 

有料化についてはまず1記事だけ実験的に書いてみようかな、なんて計画中。(ただし、これもまだハッキリしてません。投げ銭スタイルで試すかも。)

 

それ以上にやりたいことは、コミュニティ作り。無料コミュニティです。

 

こないだ書きましたが、

hny.blkt.net

 

まずは同志というか、『ブログをがっつりやろう!』という志の高い方々とコミュニティ作りたいと思ってるんです。詳しくは読んで欲しいんですが、これは僕が何かを教えるとかそういう立場とかでは全然なくて、ブロガー同士で情報共有したりリレーブログしたりっていう互助会的なもの

 

そして、それとは別にnoteで有料で書こうかと考えていたようなことを別のFB秘密のグループで投稿しようかな、と。こっちも無料。

 

ちなみにこういう感じで(これはnote用に用意した表紙なので有料と書いてます)

f:id:odbc:20160113163857p:plain

独立してからのリアルなお金の話や失敗談など。(資金ショート直前まで追い込まれたことや、詐欺師に騙されかけた話など、フルオープンで書くには忍びない案件ばかりですw)

 

分散型メディアっていうのがありますが、それの実験もかねfacebookグループ自体に記事を丸ごと投稿するようなイメージ。(もしかするとfacebookグループ以外かも)

 

 

なぜ有料化記事を書こうとしたのか?という原点・目的を考えるべき。

前のめりにチャレンジすることはとても大切です。僕もチャレンジ精神を持ち続けたいと思ってます。

でも、仕事やブランディングに関わる部分で、目的を持たないまま何でもかんでも手を出すことは危険だな〜と実体験を通して感じてます。

 

僕の目的はnoteで儲けたいというものではなく、ブログで書けないようなことで人の役に立ちそうなことを書きたいな、と考えたのが最初です。そして、僕にとっての着地点・ベースキャンプはこのブログです。

 

それだったらブログをベースにしつつ、会員制のような形で情報発信するだけでいいのかな、と。

 

noteでの有料コンテンツとブログ、どちらも運営するというは悪くないんですが、僕は現段階ではこの『はなろぐ』をしっかり育てたい。その合間にnoteで有料販売、というのはどうもしっくりこないんです。継続できなかったら失礼だな、と。

 

だからまずは無料コミュニティを作り、じっくり同志と情報交換しつつ、オープンには出来ないけど役に立つような情報、を限定公開とかを活用して出していたらいいかなと思うんです。

 

まあ、影響力なんて限りなくゼロに近い僕の持論なので、どうなるかはわかりません。 僕は僕なりのやり方で引き続きチャレンジしていこうと思います。

 

 

この記事、noteで100円だったら読んだよ!

なんて言う心優しい方いましたら、facebookやTwitterなどフォローしてくれるとうれしゅうございます。

 

 

▼Twitter

 

noteでは無料公開でぼちぼち実験的に書いてます。

自虐的 フリーター放浪記|花屋ツトム @hanaya111 |note

MCヘイヨーの未解決RADIO(数コマ漫画)|花屋ツトム @hanaya111 |note

 

 

こんなfacebook非公開コミュニティもスタートしました

ブログ運営にまつわるアレコレを晒す場所【サラシバ】スタート! - はなろぐ。 @hanaya111

 

 

note有料化にチャレンジする前に読んだほうがいい本