読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

再起動戦士はなろぐZ

【ウェブ集客】で【稼げるサイト】に再起動するのが得意なウェブ屋が書いてる雑記

『売れるサイト』に再起動するのが得意なウェブ屋が書いてる雑記
ウェブ集客の相談はこちらから≫
MENU

有料記事にチャレンジ!失敗から学ぶフリーランスの処世術マガジン

記事一覧 考え方・思うこと、仕事の話 ブログ集客の話
スポンサーリンク
HIPHOPなLINEスタンプ発売中

f:id:odbc:20160113162044j:plain

noteの波に乗ってみようと思いまして、有料マガジンを仕込中です。

 

 

今年はnoteが流行るかも。バズワードか、あるいは定番か。

noteについてはイケハヤさんの記事を読むとなんとなくわかるかも。

www.ikedahayato.com

 

シンプルなデザインのnoteではコンテンツを有料販売できます。で、この波に乗って参加者が増えてるらしい。ただ、しょうもない記事も多いらしく、はあちゅうさんも言及してました。

note.mu

何の読まれる工夫も、お金を払う側へのサービス精神、敬意、感謝も無く、
ただ表面的な部分を真似して棚ぼたラッキーを待ってる
中途半端なヤツのコンテンツが売れるはずない、という話です。

これ、ほんとそのとおりですよね〜。

 

僕もこれはすごく感じてて、適当な上っ面なものを有料にするのは嫌だなと。そういうモノが増えるとただの一時的なトレンドワード(バズワード)として沈静化するでしょうし。

 

でも、自身の新たなチャレンジという意味では有料コンテンツに挑戦してみたい気持ちがあり、ここ最近ずっと

『自分が打ち出せるもので役に立つようなコンテンツはなんだろう?それでお金を頂けることってなんだろう?』

とずっと考えてました。

 

 

ウェブデザイナーでありディレクターでありコーダーである1人フリーランサーの自分の経験をコンテンツに出来ないか?

僕はなんだかんだで独立して5年目。独立の翌月に長男が生まれるというタイミングだったんですよ。そこから今までとにかくたくさんの試行錯誤と失敗を繰り返してきました。

 

その中で得られた経験値や考え方を共有できないかと考えました。最初は『ウェブデザイナーとして独立する方法』みたいな方向で考えましたが、正直なところ僕はまだ成功者でもないし、自分の実績や能力に満足出来ていません。

 

 

そんな状態なので上から目線で

『こうすれば独立して楽しくハッピーだぜ〜!しぇしぇしぇぇぇ!!!』

とピースサイン(興味ある人はどうぞ→しぇしぇしぇ - Google 検索しながら適当には書けません。

 

だって今でも苦しいことあるし、先行き不安で眠れなくなる時もあるんですから。

 

 

失敗談とそこから得た知見や学びをコンテンツに出来るかも

そこでさらに試行錯誤を続けた結果、僕はとにかく多くの失敗を繰り返してきたことを思い出しました。

もともとフリーターから制作会社に再就職するまでの暗黒期もあったので、失敗談をオモシロおかしく書くことは苦じゃないです。

こういうのとか。

hny.blkt.net

 

僕自身が基本的にせっかちなので前のめりに行動し、失敗をすることが多いです。笑

 

だいぶマシにはなりましたが、それは過去の多くの失敗のおかげ。

 

 

僕自身の失敗談を通し、フリーランスとしての立ち居振る舞い、処世術を書いてみることに。

そんなことを考えた時、僕の失敗談を振り返りつつ、そこで起きた赤裸々な問題やトラブル、そして得た学びなど、そういうものを書き溜めようと思うんです。

 

具体的なお金の話なんかも書く予定。

表紙だけ先に作りました。

f:id:odbc:20160113163857p:plain

 

僕の失敗談を通し、これからフリーランスを目指す人や駆け出しの人なんかに

『こんなトラブルがあるのか。気をつけよう』

『こんな苦しい状態でも乗り越えられるのか』

というような学びというかなんというか、疑似体験になればいいなと。

 

今苦しいフリーランサーが読んで

『うわ、俺よりキツイやんこの人。もうちょいがんばろ』

と思ってもらってもいいし。笑

 

逆に

『こんなことあるのか。独立やめとこ』

という風に感じる人もいるかもしれません。

 

とにかく、有料で書く以上は赤裸々に書こうと思ってます。ちょっと怖いけど。

 

値段的には複数の記事を束ねて500円くらい。もしくは1記事100円という風になるかもしれませんが、あんまり高額にするつもりはないです。

書いていく中で『ああ、これ面白く無いから書くのやめよ』ってなる可能性も十分あります。笑

 

コケたら笑ってやってください。新たな失敗談としてとっておきますので。笑

 

では、僕なりの失敗学をまとめていきます。