読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

再起動戦士はなろぐZ

人生再起動中のメガネ野郎が書いてる日記

人生再起動中のメガネ野郎が書いてる日記
MENU

コンテンツの有料販売 元年になるか?!noteがアツい?

記事一覧 考え方・思うこと、仕事の話 ブログ集客の話
スポンサーリンク
HIPHOPなLINEスタンプ発売中
f:id:odbc:20160111133907j:image
noteがついに火を吹き始めかもしれません。コンテンツを有料で販売できる、ブログっぽいサービスです。


イケハヤさん、はあちゅうさんも注目のnote。

さっき、こんな記事みました。

これ、おもしろいですね。noteは思想も好きで以前から知ってたんですが、なかなか盛り上がり感を感じずにいました。

2年前、六本木のawabarって立ち飲み屋で某イラスト系スタートアップの社長が偶然飲み会してたんです。そのとき
『noteとかクソだよ、あんなもん直ぐ無くなるね!』
と言ってるのを耳にしました。(面識はなく、大声だったので聞こえただけ)

あれから2年、ついに潮目が変わってきた感じです。


文字コンテンツを有料で売る、コンテンツ有料化元年になるか?

ブログを中心に、ウェブ上にあるテキストコンテンツは無料がほとんどであり、受け手も無料を当たり前だと考えてます。

これまでも電子書籍や有料PDFなどの形で有料化の試みはされてきました。

しかし、なかなか有名人以外は売れないし、メルマガなんかは有名人ですら苦戦してましたね。

そしてまた次の波として、ブログ形式での有料化。この波、まださざ波感はありますがプロブロガーが推奨している点が注目ですね。


私見では、いわゆる一般人がガッツリ稼ぐのはかなり難しいかなぁと思ってます。
というのも、個人のエッセイみたいなものに金を払う人は少ないだろうし、そもそも100円出す価値を感じてもらうマーケティング的センスやブランディングが必要ですよね。

これって一朝一夕で出来ることじゃない。


でも、有料化の波は乗る価値がある

じゃあバズワード的に受け流してしまうべきか、っていうと案外そうでもないかなぁ、と。

波としては乗る価値があるとみてます。

ただ、僕みたいなブログ素人が趣味ブログを書いて『続きは100円です』と言っても売れません。

じゃあどうするかっていうと、本業やプロ並みの実績を絡めた趣味にまつわる【ノウハウ】を販売することは可能だと思います。

僕の場合はウェブデザイナーとして10年近く前に業界に入り、ディレクションやコーディングもすべて出来る、オールマイティなタイプのフリーランスです。

その中のノウハウを『ウェブ屋として独立したい初級者』向けに有料コンテンツを作ることが出来ますし、マネージャーをしていたので教えることも得意。

がっつりまとめて電子書籍的にするのも手ですが、あえて質疑応答を交え、少しずつ進める習い事のような塾形式で低価格で、などは可能性を感じます。


オンラインで繋がるセミナー&コミュニティという感覚。

そんな風に思っているので、素人ブログの延長でイケハヤさんみたいなことをしても、火傷する可能性が高いだろうなと。

僕みたいな趣味ブログとは切り離し【専門家としてのオンラインセミナー&コミュニティ】という形で運営すると面白いと感じてます。(イケハヤさんたちはブログのプロだから成り立つモデルですし。)

今一度、自分がプロとして名乗れるものは何か、またはアマチュアだとしてもプロ並みにノウハウを持っているものは何か、そんなあたりに目を向けたら十分可能性がある世界かもしれません。(素人でもエッセイや小説が面白ければ可能性有りますね)

僕も今年は何かしら有料コンテンツにチャレンジしてみます。全く流行らずスベったら笑ってくださいねw

当てるコンテンツ外すコンテンツ―iモード「恋愛の神様」大ヒットの裏側

当てるコンテンツ外すコンテンツ―iモード「恋愛の神様」大ヒットの裏側