読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

再起動戦士はなろぐZ

人生再起動中のメガネ野郎が書いてる日記

人生再起動中のメガネ野郎が書いてる日記
MENU

事務所のオープンソース化を着々と。

記事一覧 考え方・思うこと、仕事の話 おもしろ動画・おもしろネタ
スポンサーリンク
HIPHOPなLINEスタンプ発売中
f:id:odbc:20151222120234j:image
昨日は忘年会的な飲み会でした。


事務所をオープンソース化してアソビ場を作る

忘年会のときに話してたのが事務所のオープンソース化。

オープンソースっていうのはプログラミングなどの世界で使われる言葉。
プログラムのソースを世界に公開し、誰でも改造や改良が出来るっていう感じの仕組みです。


事務所のオープンソース化というと大袈裟な感じですが、ようは事務所を開放して、参加者みんなでアソビ場を作るというイメージ。

ただし、プログラミングのオープンソースみたいに完全オープンってのはセキュリティ的にも危ないので、友達の友達まで限定のセミオープンくらいだけど。

ポイントとしては、僕が仕切るのではなく場所を提供し、他の人を主役にして遊ぶ感じ。


現在計画中のアソビ

友人に料理上手な人がいるので、その人の手料理をみんなで食べながら焚き火の動画を見る、というもの。
焚き火動画が面白いらしいw

シュミレーションゲームが好きな友人に教えてもらいながら、対戦形式の三国志を10人くらいでやる。

バイクコミュニティを運営してる友達がいるので、バイカー飲みオフ会を開催。プロジェクター使ってバイク自慢など。

歴史好きな人にスピーカーをしてもらい、マニアックなトークショー。


などなど。毎日は無理なので月に一回くらいですが、夜の事務所をアソビ場にしていきます。


この本も参考にして色々考え中〜

人が集まる「つなぎ場」のつくり方 -都市型茶室「6次元」の発想とは

人が集まる「つなぎ場」のつくり方 -都市型茶室「6次元」の発想とは