読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

再起動戦士はなろぐZ

人生再起動中のメガネ野郎が書いてる日記

人生再起動中のメガネ野郎が書いてる日記
MENU

自分の自由さを優先して生きてはダメなのか?

記事一覧 考え方・思うこと、仕事の話
スポンサーリンク
HIPHOPなLINEスタンプ発売中

f:id:odbc:20151221142118j:plain

こないだ年上の人と喋ってる時に言われてことについて、思うことなど。

 

 

一回り上のフリーランスの人と久々に再開し会話

先日、久々に再開した人と仕事のことなどを中心に話をしてました。その人は一回りくらい上で、主に関東で仕事をしています。立場としてはフリーランスですが元々は会社員として大手やベンチャーで実績も残している人。以前合った時、輝かしくて憧れの存在でした。

 

僕とは比較にならないくらい稼いでるし、独立後も成果を上げてるという人。家族有り。

 

そんな人と話してて仕事観や、これからやりたいことなんかの話で盛り上がりました。

 

そんなとき、僕が

 

『会社組織にして起業家になりたいって考えて人も雇った。けどうまく育てられなかったし、何より自分はフリーランス的な仕事の方が性格的に合う。だから、自由さも含め場所を選ばずに出来る仕事スタイルをベースにしたい。』

 

と答えたんです。

すると

 

『お前の働く場所がどうとかは、個人的なエゴだ。そんなんじゃ稼げないしキャリアアップできない』

と言われました。その人は僕の年収の10倍以上を、数ヶ月で稼ぐこともあるような仕事をしてます。東京は大阪なんかと比べ物にならないくらい単価が高いよ、とも言ってました。その上で、

 

『俺みたいに稼ぐなら、場所がどうとか自分の自由がとか、そういうことは言わずに働け。そうじゃないとお前は今のステージの上に行けないよ。東京の仕事に繋がるような人脈を広げろ』

と。

 

ごもっとも。成り上がるストーリーとしては全くその通りだと思います。

 

昔の僕だったら一念発起し

『そうか、俺は眠たいことを言ってたな。この人が言うんだし、俺も寝ずに働き東京にもガツガツいこう!』

となるところ。

 

 

でもならない。響かない。

 

言ってることはすごくわかります。がっつり稼いで実績を残し、もっと上を目指すならそれでいいと思う。いわゆるキャリアアップ。

 

以前の僕はそれを目指してました。

 

でも今はそういう気持ちになれません。僕が去勢されたんでしょうか。

 

ん〜去勢ともどうも違う。

 

 

キャリアアップだけが全てだと思えない

僕はこのブログを通して結構書いてるつもりなんですが、自由さを優先して生きていくと決めました。決めて行動に移してる最中の会話だったこともあり、余計に『ん〜…俺、間違ってるのかな』なんて考えが頭をもたげてました。

 

でも何度考えなおしても、僕はそのモチベーションになりません。仕事をしたくないとかそういうことでもないんです。相談されて受けた仕事なら、休まずに働くのだって別に構いません。

 

ただ、『キャリアアップする。成り上がる』という気持ちが無くなってるんだと思います。

 

それは稼がなくていいとか、だれとも競争しないとかそういうことでもなく、自由に生きることが最優先だから。

 

 

労働は目的達成のための手段。

そのために稼ぐ必要があるし、働く必要があります。僕にとっては労働は手段なんですよね、今の段階では。

 

目的が『ウェブを通して社会を変える』と意気込んでた時期がありました。会社組織を作りたかった頃。

そして社会を変えるようなサービスを作り多くを稼ぎ、そして自由になりたいと。

 

でも、ふと気がついたのはそういう生き方の先に自由が無いこと。本当に休みなく働くことが重要になるスタートアップ・ベンチャーの世界。

そこを目の当たりにしたときに『自分には出来ない』と悟りました。

 

だから僕はシンプルに『自由に生きよう。そのために何をすればいいか考えよう』と切り替えました。

 

そうなってくると当然大きく稼げることはないでしょう。でもいいんです。自分のスキルを磨き、提供できる価値を見極めながら自分なりの人生を謳歌しようと決めました。

 

 

そこそこでイイっていう意味ではない

ただ、僕の説明が下手くそで『頑張りたくない。そこそこでいい』って言う風にとらえられ、その後も何度もダメ出しは受けました。もちろんいいアドバイスも貰いました。

 

誤解されたくないのは、そこそこでイイとかそういうことではないんですよね。ハングリー精神はありますし、来年もどんどん仕掛けていくつもりです。ただその手法が世間的にありがちな

『人脈を作り仕事をもらいまくり成り上がる』

とは違うんです。

 

自分でもまだやり方が見つかってませんが、とにかく今は試行錯誤を続け、上に登るんじゃなく横や奥や斜め上など、別のステージを目指したいと思います。(安藤美冬さん的に言うとキャリア・スライディング)

 

 

 

 

やっぱ説明が下手でグダグダな文章になってしまいました。はぁ〜、まだまだだなぁ…。

 

そんな自由を求める僕がこないだ買って今度読む予定の本は

自由をつくる自在に生きる (集英社新書 520C)

自由をつくる自在に生きる (集英社新書 520C)