読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

再起動戦士はなろぐZ

人生再起動中のメガネ野郎が書いてる日記

人生再起動中のメガネ野郎が書いてる日記
MENU

SEOとは別みたい:【Google公式】『HTTPS ページが優先的にインデックスに登録される』とのこと

記事一覧 ブログ集客の話 考え方・思うこと、仕事の話
スポンサーリンク
HIPHOPなLINEスタンプ発売中

f:id:odbc:20151218171223p:plain

こんな情報が正式に発表されましたよ

 

 

HTTPS ページが優先的にインデックスに登録される

具体的にはこのように書かれてます。

同じドメインの 2 つの URL が同じコンテンツを掲載していると思われ、かつ、両者が異なるプロトコル スキームで配信されている場合、通常、以下の条件を満たしていれば HTTPS URL を選択してインデックスに登録します。

セキュアでない依存関係が含まれていない。
robots.txt によってクロールがブロックされていない。
セキュアでない HTTP ページに(または HTTP ページを経由して)ユーザーをリダイレクトしていない。
HTTP ページへの rel="canonical" リンクが含まれていない。
noindex robots メタタグが含まれていない。
同一ホスト上の HTTP ページヘのリンクが含まれていない。
サイトマップに HTTPS URL が掲載されている(または URL の HTTP バージョンが掲載されていない)。
サーバーに有効な TLS 証明書がある。

 出典:Google ウェブマスター向け公式ブログ: HTTPS ページが優先的にインデックスに登録されるようになります

 

ん〜、これって同一サイト内でHTTPSを優先するって言うことのようです。

つまり、競合他社との順位争いに対してセキュアな方を優先するって意味ではなく、あくまで同一サイト内での優先順位のような気がするけど、どうなんだろ?

 

たとえば家具屋さんが2つ有るとして

A家具屋さん=セキュア無し

B家具屋さん=セキュア有り

 

という状況の時にB家具屋さんが上位表示されるっていう意味でもないように読めるけど、どうなんでしょうね?いわゆるSEOには関係ないような。

 

とはいえゆくゆくはセキュリティがしっかりしてる方を上位に表示なんてのはあり得ますし、ユーザー目線で作るべきってことに変わりはないですね。

 

 

そういえば、うちはSEOも意識しつつ書いてるんですが検索からの流入が結構増えております。(SEO対策を兼ねたブログ運営のコンサル仕事も頂きました。ありがたい。) 

SEO対策のための Webライティング実践講座

SEO対策のための Webライティング実践講座