読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

再起動戦士はなろぐZ

【ウェブ集客】で【稼げるサイト】に再起動するのが得意なウェブ屋が書いてる雑記

【日々再起動中】ウェブ制作やライティングが本業の個人事業主ブログ
仕事の依頼はこちら≫
MENU

『KAT―TUN田口、脱退』というニュースを見て、会社運営に関して思うこと。

記事一覧 考え方・思うこと、仕事の話
スポンサーリンク
HIPHOPなLINEスタンプ発売中

yahooニュースを眺めてたらこんなニュースがありました。

headlines.yahoo.co.jp

 

KAT―TUNに関しては、亀梨くんと中丸くん以外はあんまりよく知らないんです。(2人のこともそれほど知りませんが…)

なのでグループに対してどうのと言う意見は特にないです。

 

ただ、この記事にある

 

上田竜也(32)は「田口より同じ方向を向いて進めないと話が出た」と説明。中丸雄一(32)も「彼とは芸能活動に対する考えに隔たりがあり、その溝を埋めることができませんでした」と明かした。

 というのを見て、アイドルと言ってもやっぱり仕事や会社運営と同じだよな〜なんて思いました。

 

 

アイドルグループやバンドと小さい会社は似てる部分がある

僕は今でこそフリーランスとして1人で仕事してますし、自由度がかなり高いです。

でも以前は会社勤めをしてましたし、その制作会社の子会社で代表取締役という重要な役職までもらってました。

 

その子会社は1番多い時で8人くらい雇用してたと思います。僕が面接をし、指導し、技術を身につけてもらったり。

そうやって育てても辞めてしまう人もやっぱりいます。26歳くらいの若造だった僕の育て方や接し方に問題がある部分もあっただろうし、その人個人の性格や思想も原因だったり、まあ退職の原因や理由は色々です。

 

小さい会社っていうのは本当にスタッフとの距離が近い。当時もマンションの一室で仕事してましたし。スタッフ同士仲良くしてるようで実は仲が悪かったり気が合わないスタッフも。

 アイドルグループやバンドも同じようにそれぞれ近い分、うまくいく部分やうまくいかないこともたくさんあるんでしょうね。

 

亀梨くんの言葉がなんだか辛い

以前の会社の場合、スタッフそれぞれの人間関係に関しても代表の僕がどうにかしないといけない部分がたくさんありました。でもうまく出来ずに退職していくスタッフが出てくると、辛いし悔しいし、苛立ちもありました。

 

そんなことを思い出したのが亀梨くんのこの言葉。

亀梨和也(29)は「グループとして何度もこのような形になり、申し訳ない」と言葉を詰まらせた。

亀梨和也 グループの一員としては、なぜ今なのか。情けなく、悔しい気持ちです。ただ、KAT―TUNとして、状況を受け止め、頂いているお仕事に全力で取り組む。

 

KAT−TUNは誰がリーダーなのかよく知りませんが、亀梨くんは責任感が強いイメージがあるので本当に悔しいんだろうと思います。

 

それでも全力で取り組むとのことだし、頑張って欲しいですね。

DREAM BOYS [DVD]

DREAM BOYS [DVD]