読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

再起動戦士はなろぐZ

人生再起動中のメガネ野郎が書いてる日記

人生再起動中のメガネ野郎が書いてる日記
MENU

弱みは強み?字が下手だからパソコンを好きになれた。

考え方・思うこと、仕事の話 記事一覧
スポンサーリンク
HIPHOPなLINEスタンプ発売中
f:id:odbc:20151114092546j:image
僕は字が下手なんです。子供の頃から進化してないと言うか、子供の頃から下手でした。

手書き文字を見られるのが恥ずかしかった思春期

中学生の頃くらいからそれがコンプレックスで、人に見られる作文とかも大嫌い。

でも、文章を書くこと自体はなぜか好きで、誰にも見せずチラシの裏に文章を書いたり、落書きレベルですが絵を描いたり。

ただ、手書きの文字や絵を人に見られるのが嫌で嫌で。


パソコンに出会い、インターネットにハマる

そんな僕はパソコンに出会い、インターネットに出会いました。
たしか高校2年の時。

そこから一気にハマり、テキストサイト(ブログの原型)を作ったり、ペイントツールで絵を描いたり。

実家が自営業のサッシ屋だったので、案内のチラシみたいなものを作ったりもしてました。笑


自己表現の道具と場所がパソコンとインターネットだった

いま思えば、文章を書きたいけど字が下手だから諦めてました。でもパソコンを使えば手で書かなくていいし、文字の上手い下手なんか関係なし。

それがキッカケでパソコンとインターネットが大好きになり、自己表現の道具と場所を手に入れました。

ここまでどっぷり好きになれたのはある意味コンプレックスのおかげ。


そんな僕が今やウェブサイトを作ったりデザインしたりが本業になり、さらにらこうやってブログを書いたり。まさに遊びの延長線上にいます。

こうやって振り返ってみると、自分の弱みは強みを見つけるヒントになるかもしれませんね。


今この本読んでて自分が『好きなことが仕事に繋がってる』ということがどれほど恵まれてるのか改めて感じてます。

「ライフワーク」で豊かに生きる

「ライフワーク」で豊かに生きる