読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

再起動戦士はなろぐZ

人生再起動中のメガネ野郎が書いてる日記

人生再起動中のメガネ野郎が書いてる日記
MENU

自分の価値は誰が決めるのか?

考え方・思うこと、仕事の話 記事一覧
スポンサーリンク
HIPHOPなLINEスタンプ発売中

f:id:odbc:20151107095145j:image

沖縄でセレクトショップ取材をさせてもらった時の一枚。
この写真がキレイかどうか、上手いか下手か、これを決めるのは僕ではなく見た人。
つまり他人。
※この記事は過去記事に加筆修正し再UPしています

 

 

自分の価値は他人が決める

写真のたとえで言えば、もちろん自分的に『まだまだ下手くそだなぁ』と思うことはあります。実際、久々に自分の撮った写真みて下手すぎで絶望…。
 
自分という人間の価値についても同じかな、と最近感じるんです。
自分は無価値な人間だ…と落ち込む人もいれば、俺は価値のある人間だ!と胸を張る人もいます。
 
でも結局はその人柄や作品などを見て感じ、受け取った側が『あの人は有能だなぁ。』と価値を決めるもの。
価値観は人それぞれだから100人中100人に受け入れられることも不可能
 
 

自分が価値のある人間かどうかで悩まなくていい

なんでこんなことを書くのかって言うと、僕は常に自己評価が低めで生きてきてて『ああ、自分は無価値な人間なのかなぁ』なんて落ち込むことが時々あります。
 
でも、こうやってブログを書くと、記事に価値を感じてくれる人がいることに気づきました。こんな記事誰も読まないだろうな〜、なんて記事に反響があったり、逆に『これはいい記事だ!』と息巻いてたものが無反応ってこともよくあります。(無反応の方が多い。笑)
 
そんな経験を通じ『自分に価値があるかどうか』で悩む必要はないと気づきました。ただただ、【自分の可能性を信じる】だけでいいのかな、と。
 
もっと上手くなろう、いいものを作ろう!とする向上心は必要ですが、他者から評価されてるかどうか、自分に価値があるかどうかはあまり気にせずベストを尽くせばいいはず。
 
そんなことを思う今日この頃でございます。
 
 
ただし、薄っぺらいのに自信満々な人にはならないよう謙虚さを忘れずに生きたい。