読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

再起動戦士はなろぐZ

人生再起動中のメガネ野郎が書いてる日記

人生再起動中のメガネ野郎が書いてる日記
MENU

前を向いて今を生きる。

記事一覧 考え方・思うこと、仕事の話
スポンサーリンク
HIPHOPなLINEスタンプ発売中
f:id:odbc:20151105084553j:image
"皆さんも私も、この一瞬に永遠不滅な二つのものが出会う場所に立っている。

無限のかなたからつづいている膨大な過去と、すでに刻まれた時の末端に突き刺さているに等しい未来との境目にいるわけだ。

たぶん私たちは、この永遠不滅なもののどちらでも生きることは許されない。−−たとえほんの一瞬たりとも。

その不可能なことをしようとすれば、私たちの肉体も精神も、ともに破滅するだけだ。

だから私たちは自分が生きられる時間、言いかえると、今から就寝までの時間を生きるだけで満足しようではないか。"


今を生きる。言葉では簡単だけど、これが難しい。

あ、冒頭の一節は僕の大好きな本

道は開ける 新装版

道は開ける 新装版

僕の人生のターニングポイントになった一冊。
いま改めて読み返す必要があるかもなぁ、なんて思い始めてるんです。

前を向いた生産的な会話が出来ていない

最近すごく感じることなんですが、会う人会う人なにかしらの文句や愚痴を言ってることが多いんです。
これは危険なサイン。文句や愚痴、陰口って過去に起こったことに固執しているから出ることですよね。
こういう後ろ向きな会話が増えてるのはきっと僕自身にも原因があるんだろうって考えてます。

類は友を呼ぶってやつです。きっと知らず知らずに僕も文句言ってるんだろうし、そういう会話を求めてるのかも。ただ一つの救いはそれに気がつけたこと。
人のふり見て我がふり直せ。

前向きに生きるためには人間関係が変わることもある

付き合いが長くなるとつい同じメンバーばかりになってしまいます。
でもそこに違和感を感じるなら、前向きに過ごせないならそこから抜け出していいんですよね。

ネガティヴな空気感に違和感を感じたら、たとえ孤独になるとしても寂しくても一人で抜け出し動くしかない。人のせいにしても何もかわりません。

ぬるま湯で毒されちゃいけない。

時間は前にしか進まないし、前を向いて生きたいですね。(ブログは自分を鼓舞するのにも最適ですね)