ベースギターの左手、フレットを押さえる指は関節がポイント

スポンサーリンク
f:id:odbc:20151022200702j:image
昨日はベース教室でした。
下手くそなりに少しづつは上達してまして、最近すごく楽しいです。


とはいえまだ月二回のレッスン2ヶ月ちょっと。自主練もしてますがまだまだ。今回習ったことを書き残しときます。


左手でフレットを押さえるときの第一関節

ベースって弦が太いし、初心者なので力が入るんです。

で、左手で弦を押さえるとき、
f:id:odbc:20151022200929j:image
こうなってたんです。
(事務所なので後ろ雑多ですいません)


わかりますかね、第一関節が手のひら側に曲がってるの。
これだと力が入りすぎて運指がしづらいんです。次のフレットに行くとき遅れる。
そしてそれをカバーしようと焦って押さえが甘くてビロンビロンなるし食い気味になる。



正しくは
f:id:odbc:20151022201212j:image

こんな具合に、第一関節が丸くなる感じで押さえるように習いました。
これだとリラックス状態でも力が入るので運指のタイミングもズレにくい。


現在GReeeeNのキセキが課題曲。

キセキ

キセキ


先生が作ってくれてる譜面なので簡易版かもしれませんが、なんとか1番は弾けるようになってきました。年内には完ぺきに弾きたいなぁ。