読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

再起動戦士はなろぐZ

人生再起動中のメガネ野郎が書いてる日記

人生再起動中のメガネ野郎が書いてる日記
MENU

【文章術】すぐ出来る!文末の一工夫で文章力UPなライティングテクニック

ブログ集客の話 記事一覧
スポンサーリンク
HIPHOPなLINEスタンプ発売中

f:id:odbc:20151009151421j:plain

ブログを書くにあたり、初心者はまずはとにかく書こう!という主張をくりかえしてきました。

 

 

hny.blkt.net

とか

hny.blkt.net

 

勉強にばかり気を取られて実際の『文章を書く』という作業を後回しにするのはいけないと思うからです、個人メディアであるブログの場合。

 

仕事としてのプロライターを目指す人とブログ初心者は、そもそもスキルや経験、目標が違うのでプロセスも違うと考えてます。

 

とはいえ、勉強を全くしないのも進歩がないですし、今日はすぐ出来る文章力アップのテクニックをひとつご紹介。

 

 

ちなみに、僕が今読んでる

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング (できるビジネス)
 

 

こちらに載ってる内容を噛み砕いての紹介です。

 

 

文末のバリエーションが『脱・子供の感想文』のキモ

文末とは何かっていうのはなんとなくわかると思いますが、例文を書いてみます。

 

今日は友達と外出をしました。どこでお昼ごはんを食べようかと話し合いをしました。

 そんな時、別の友人とばったり出会ったのでみんなでご飯を食べに行くことにしました。

 

赤い部分が文末。すべて同じだとなんとなく子供の読書感想文みたいですね。

 

 

体言止めの多用も要注意

それを打破しようと体言止めの多用も初心者が陥いりやすいテクニック。テンポはいいけど多用するとぶっきらぼうな印象になるので注意が必要です。

 

今日は友達と外出。どこでお昼ごはんを食べようかと話し合い。

 そんな時、別の友人とばったり出会ったのでみんなでご飯を食べに行くことに。

 

 

 

文末のスタイルを適度にミックス!

同じ文末表現が連続するとテンポが悪かったり、文章が貧相になりがち。そこで、様々な文末バリエーションを適度にミックスするとテンポがよくなります。

 

例)

今日は友達と外出をしました。どこでお昼ごはんを食べようかと話し合い。

 そんな時、別の友人とばったり出会ったので「みんなでご飯を食べに行こう」ということになりました。

 

 

 

どうでしょうか。

あくまで僕なりの一例なので、もっとうまい切り口もあると思います。

 

 

文末のバリエーションが文章のうまさを分ける

実際のナタリー本には違う文例が書いています。

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング (できるビジネス)
 

 

今回は考え方を参考に、僕なりの例文を作成しご紹介しました。

(そのまま紹介するより、自分自身の勉強にもなりますね)

 

 

この本の文末表現に関するページで印象的だったのが

 

"文末表現のカードをいかに多く持っているかが、文章力の秘訣と言っても過言ではないでしょう。"

 

という一文。

様々なテクニックやロジカルな思考も書いてあるんですが、この【文末表現のバリエーションの多さ】が文章力の秘訣というのはすごくわかりやすいですね。

 

 

先ほどの文例を作るにあたり、あんがい時間がかかってしまいました。それは僕自身のバリエーションがまだまだ少ないからだと思います。

 

 

とても勉強になる項目だったのでここでシェアしてみました。

またちょいちょい書いていこうと思います!!