読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

再起動戦士はなろぐZ

【ウェブ集客】で【稼げるサイト】に再起動するのが得意なウェブ屋が書いてる雑記

【日々再起動中】ウェブ制作やライティングが本業の個人事業主ブログ
仕事の依頼はこちら≫
MENU

【働き方】バイトと正社員、作業と仕事(DMM亀山会長の投稿を見て思うこと)

考え方・思うこと、仕事の話 記事一覧
スポンサーリンク
HIPHOPなLINEスタンプ発売中

f:id:odbc:20151002184502j:plain

バイト・パートの時給が過去最高を更新した、というニュースがこないだ出てました。

 

www.youtube.com

 

このニュースを受け、DMM.comの創業者で会長の亀山 敬司さんがNewspicksで非常に興味深いコメントをされてました。(あ、会長が友達とかそういうのではなく、一方的にフォローしてるだけです^^;)

 
facebookにシェアされてたものがこちら。
 

バイトや派遣の時給が上がると、単純に手取りだけ比較して正社員より派遣を選ぶ人が出てくる。でも会社は社員に仕事を、派遣には作業を教えるので将来は逆転する。仕事は時給にこだわらず学ぶ内容にこだわった方が、結果として時給が上がるんじゃないかな?

Posted by 亀山 敬司 on 2015年9月20日

バイトや派遣の時給が上がると、単純に手取りだけ比較して正社員より派遣を選ぶ人が出てくる。でも会社は社員に仕事を、派遣には作業を教えるので将来は逆転する。
仕事は時給にこだわらず学ぶ内容にこだわった方が、結果として時給が上がるんじゃないかな? 

 

会社は社員には仕事を、バイトには作業を教える。

このコメントを読んだ時、なんだか凄く刺さりました。

というのも、確かにお金の面だけ見ればバイトの方が儲かる時があると思います。でもそこで凄く重要なのは、

 

『会社があなたに何を求めてるのか?』

 

を見抜くこと。

 

 

 もし作業要員として、ただ今この瞬間を切り盛りしてくれればいい、と思っている場合、将来に繋がるような”仕事”ではなく、誰でも出来るような”作業”を与えると思うんですよね。

 

ただし、将来に繋がる仕事をバイトには絶対に教えない、ということではないです。実際にバイトから社員になるような人も居ますし、バイト経験が将来に繋がることは多々あります。

 

 

ただ、会社が何を求めてるのか?を良く考えたうえで選択しないと、ただただ作業を教えられ、他では使えないような技術だけ学び、消耗することになるかもしれません。

 

そういう意味でも、お金だけで選ぶのは危険な面もはらんでるとおもいます。

 

 

どんな仕事につくにしても、自分から学ぶ姿勢と素直さが大切

会社側から見た場合、正社員を雇用するということは、バイトを雇うよりも大きなリスク(コスト)を伴います。 社員雇用は金銭的なリスク、というか負担も大きいですし。

 

そういう意味でも、将来に繋がる仕事を教えてくれる可能性は高いですよね。(中には社員ですら使い捨てみたいな扱いをする企業もありますが…)

 

とはいえ、バイトであっても、作業要員としか思われてないバイト雇用であっても、自分次第で道は開けると思うんです、ある程度。

 

最初はただのバイト君として入ったけど、その仕事がとても楽しいってときは、自ら学ぶ姿勢を大事にし、

 

『もっと役に立ちたいし、腕をあげたいから仕事をください。しっかり出来るように努力します』

 

というようなことを明確に伝え、教えられたことを素直に実践すれば、バイトから社員、というような流れもあるのではないでしょうか。

 

それこそ、結果的に時給(給料)が上がることに繋がるはず。

 

 

『ぜんぜん仕事教えてくれない』

とか言ってるうちはやっぱりきついと思います。

 

実際、よっぽど研修制度がしっかりしてるような企業でもない限り、自分から積極的に動き、自分で学ぶしかないと思います。(小さい会社は日々の業務でいっぱいいっぱいですしね。)

 

 

もしくは、それこそ作業要員と判断してるから、必要以上には教えないのかもしれませんが…

 

 

全くなんにも教えてくれず、努力をしても相手にされず、いつまでも作業要員扱いしかされない、そんなときはとっとと辞めましょう!

 

 

 

すべてを会社によりかかり過ぎず、自ら努力をしつつ、でも冷静な目で企業の方針とかを判断できればいいですね、難しいけど。

 

 

なぜ突然こんなことを書いたのかといいますと…

この亀山会長の言葉は数日前のものなんですが、気になってたんで保存してました。

で、なぜこのタイミングで書くかというと。

 

昨日も帰宅前に飲んで帰ったんです、はじめて入った餃子屋さんで。

そこで元気のいい女の子のスタッフ(たぶんバイドリーダー)がカウンター越しに常連さんと喋ってたんですよ。

 

ーーー

 

『いつも元気やなぁ。愛想よくて楽しいよ。』

 

『ありがとうございますっ!!!』

 

『そういえば今って大学生なんだっけ?』

 

『はい、そうなんです。今年卒業で、卒業後はここで正社員になるんです♪』

 

『おお!いいね〜おめでとう!』

 

ーーー

 

この爽やかなやり取りを、ハイボール飲みながら裏社会の本を読みつつ聞いてたんですよ。

それでふと亀山会長の言葉を思い出し、書いたんです。

 

 

どんな環境からでも、ある程度は自分次第で道は開けますし、辞めることが悪いとも思いません。やばいところからはさっさと逃げていいと思います。

 

おもいっきり金を稼ぐことにフォーカスして、高時給のバイトをしまくることだって悪いと思いません。

 

 

色々な経験がのちのち役には経ちます。

 

ただし、バイトでも社員でもフリーランスでも企業に良いように使われないようにだけ、気をつけてください。(というか、お互い気をつけましょ〜!) 

ブラックバイト

ブラックバイト