【温泉レビュー感想】東三国の淀川温泉はぬるくて子連れに助かる。

スポンサーリンク
f:id:odbc:20150921091913j:image
昨日は家族でバーバキューにお呼ばれし、大阪のロッジ舞洲というところにいきました。

シルバーウィーク唯一の予定でとても楽しかったです。

 
ですが、周りのキャッキャした感じに慣れないもうすぐ4歳の長男と僕は途中で抜け出し、近くの海辺でサビキ釣りを観察してました。
魚の漢字Tシャツがバッチリです。笑
 
ちなみに、カタクチイワシが大漁でしたよ!

 

 

帰りに銭湯いきました

さてさて、そんなバーバキューは15時に終わり、僕らは帰路につきました。途中まで車で送ってもらい、電車です。
 
暑くて汗もたくさんかいたし、何より体が燻されてくさすぎるw
 
そこで長男と二人、途中下車して銭湯に行くことにしました。
スーパー銭湯もあるんですが、バーバキューで疲れてるし、サクッと入って帰ろうと思い、東三国駅からほど近い、淀川温泉に初挑戦。
(新大阪の一駅となりです)
 
 
f:id:odbc:20150921091850j:image
こんなとこ。
 
すいません、写真撮り忘れたのでこちらより引用させて頂きました。
 
汗かいた時用に着替えとタオルはあったんですが、僕の靴下は替えがありません。
足も蒸れて気持ち悪かったので、近所のローソンで購入。
 
 

いざ淀川温泉の湯船へ!

受付で500円を払い、さらに30円で固形石鹸をもらいました。(この安さがいいですよね。ふらっと手ぶらで寄ってもタオルと石鹸あわせて100円くらいですし)
 
服を脱ぎ、いざお風呂へ!
 
せまい!!
 
 
いままで色々な銭湯に行きましたが、一番コンパクトな部類に入ると思います。
 
ノーマル風呂に泡風呂、一人用の水風呂と一人用の電気風呂。
そしてバスクリン的な色付き風呂。こちらは大人二人分くらい。あとサウナ。
 
ちなみに、狭いとは書きましたが僕は大きいことが正義だ!みたいなデカさ至上主義ではありません
実用性が伴えばコンパクトでも小さくても細くてもなんでもいいと思ってます。
 
そういう意味ではここはとても清潔感あり、コンパクトで非常に好印象。
 
 

まずは体を洗う

僕は必ず最初に体を洗う派。
もともと長風呂が苦手なので、体を先に洗い、さっと入ってすぐのぼせて上がる、というスピードマスター。
 
さらに、男だからか、石鹸しかない場合はちゅうちょなく髪も石鹸で洗います。笑
 
子供も全身石鹸で洗い、いざ湯船へ。
 
そして最大の問題、それは湯温。熱いとダメなんですよ、僕も子供も。手を突っ込んでみると…
 
 

おお!最高にちょうどいいぬるさ!熱くない!

確実に子供も入れる温度でした!おかげでしばらく子供と二人で肩まで浸かり、会話を楽しみました。
 
そして次に、色付きの風呂へ。なんとここがもう最高にぬるい!37度くらい?よくわかりませんが、とにかくぬるい。
 
最高です!!
 
このぬるさのおかげでさらにしばらくお風呂に浸かってました。
 
 
湯が熱いときなど、体洗う時間を除くと3分くらいで『熱い。もうあがる』と、上がることもよくある、街の銭湯。
 
スーパー銭湯は子供もターゲットなのでぬるい風呂が必ずありますが、銭湯は違います。
 
それをみつけだすのも楽しみの一つですが、ここはとってもいいなぁと、思います!
 
 
シルバーウィークも後半ですが、新大阪から一駅ですし、銭湯好きな方はチェックしてみてください。
 
 
たまに子連れ銭湯記かいてみます。